シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『スラムドッグ$ミリオネア』のチームが結集!自らの腕を切り離して生還した男の実話(1/2)

『スラムドッグ$ミリオネア』のチームが結集!自らの腕を切り離して生還した男の実話
(左から)脚本家サイモン・ボーフォイ、プロデューサーのクリスチャン・コルソン、主演ジェームズ・フランコ、ダニー・ボイル監督

 インドの大都市ムンバイを舞台にした映画『スラムドッグ$ミリオネア』で、アカデミー賞作品賞を獲得したダニー・ボイル監督が、再び同じ脚本家と制作者で最強タッグを組んだ新作『127 アワーズ / 127 Hours』(原題)について、主演ジェームズ・フランコ、脚本家サイモン・ボーフォイ、プロデューサーのクリスチャン・コルソン、そしてこの映画の題材となった実在の人物アーロン・ラルストンらと共に語った。

 同作は、2003年にアメリカ人登山家アーロン・ラルストンが、ユタ州のブルー・ジョン・キャニオンを登っている際に落石に腕を挟まれ、自分の尿などを飲みながら5日間以上過ごした後に、自らの腕を切り離して生還したという実話を基にしたサバイバル・ストーリーだ。

 製作経緯について「この話を聞いたのはロンドンに居たときで、この間起きたチリの落盤事故のように、人々の心をつかんだ話だったのを覚えている。それから2006年にアーロン・ラルストンが執筆した本を読んだんだ。そして、製作会社パテ・フィルムズのフランソワ・アイヴァネルを介して、アーロンに初めてオランダで会った。そのときは、情熱的な会話をしたが、映画製作できるような共通点が見つからなかったんだ。それが2度目に会ったときには、アーロンが僕のアイデアをオープンに受け入れてくれたんだよ。そのアイデアというのが、この映画を完全に1人の俳優の手に委ねることだった。もちろん、観客がこの俳優に同情しなければ、この映画は成立しないと思っていたから、脚本はまるで観客が初めて体験するような感覚を味わえるような書き出しにしたのが、製作の始まりだった」とダニー・ボイル監督は語った。

 主演のジェームズ・フランコは、アーロンが落石に右腕を挟まれているときに、彼が当時の状況を自ら撮影した映像を観たそうだが、「もの凄くパワフルな映像だと思ったよ! もちろん、彼が生還したのは分かっているけれど、そのビデオには、生き残れるか分からない状況にあるアーロンの姿があった。その映像では、彼が家族や友人に残したメッセージだけでなく、自分が亡くなった後に火葬したその遺灰を、自分が好きな所(山頂など)にまいてほしいとまで言っていたんだ。ただそんな環境でも、威厳や強さを持ってメッセージを送る彼を見て、今後どうやって僕が演じれば良いか、理解することができたんだ」と目に焼き付いた映像であったことをジェームズは明かした。ちなみに、このアーロンの衝撃の映像は、プライベートな映像として保管し、今後もDVDの特典映像などに含むつもりはないとアーロンは述べていた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 26日
  5. 『スラムドッグ$ミリオネア』のチームが結集!自らの腕を切り離して生還した男の実話