シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

FUJIWARA・フジモン、木下優樹菜との順調ぶりを強調!「ひな壇芸人から脱却したい」と悩みも告白!

FUJIWARA・フジモン、木下優樹菜との順調ぶりを強調!「ひな壇芸人から脱却したい」と悩みも告白!
恐れおののくFUJIWARA・原西孝幸と藤本敏史

 25日、お笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史と原西孝幸が、ハリウッドチャンネル試写室にて行われた映画『ソウ ザ・ファイナル 3D』公開記念イベントにコスプレ姿で登場し、今回でファイナルとなる『ソウ』シリーズの“ソウ別会”(送別会)を行ったほか、今年でファイナルにしたい願望を激白した。

 この日二人は本作の冒頭8分間だけ鑑賞した後、映画がハロウィーン時期に公開されることにちなみ、コスプレ姿で登場した。映画の感想を聞かれ、原西は「3Dで血が飛び出すのを見てびっくりした!」と興奮気味。一方の藤本は、「朝からすごい映像観て吐きそうです! あんなものを僕に観せないでください!」とかなりショッキングな様子だった。

 劇中に登場する不気味な人形・ビリーの格好で現れた藤本は、脱いだマスクをしげしげと見つめ、「オレに似ているなあ」とポツリ。「今度これかぶって、奥さんの帰り待っていようかな。でも、本人が実際に見たら『(マスクと)顔が同じやないか!』と突っ込まれそうですね」とうれしそうにしたり、相方の原西に対して「お前の奥さんは普通のおばさんや!」と突っ込んだり、今年8月に入籍したばかりの愛妻・木下優樹菜についてのろけまくっていた。

 また、今作で『ソウ』シリーズはいよいよファイナルとなるが、二人に「今年でファイナルにしたいことは?」と質問が飛ぶと、原西は「今のこの髪形をファイナルにしたい」と芸人らしくとぼけた答え。しかし藤本は「ずっとひな壇芸人の生活なので、この立場をファイナルにして、メインの番組を持てるようになりたい!」と芸人としての悩みをまじめに告白する一幕もあった。

 『ソウ ザ・ファイナル 3D』は2004年に第1作目が公開されて以来観客を震え上がらせ、「最も成功したホラー映画シリーズ」としてギネス認定もされた大ヒットホラーシリーズ『ソウ』の第7作目にして初の3Dとなる完結編。ジグソウ(トビン・ベル)の発案した殺人ゲームから奇跡的に生還した人々に、新たな恐怖が忍び寄る。

映画『ソウ ザ・ファイナル 3D』は10月30日よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 10月
  4. 25日
  5. FUJIWARA・フジモン、木下優樹菜との順調ぶりを強調!「ひな壇芸人から脱却したい」と悩みも告白!