シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハロウィーンでホラー映画が大人気!『ソウ』最新作が全米ナンバーワンに -11月1日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ハロウィーンでホラー映画が大人気!『ソウ』最新作が全米ナンバーワンに -11月1日版
シリーズ人気は、健在のようです! (映画『ソウ ザ・ファイナル 3D』より) - (C) 2010 Lions Gate Films Inc.All Rights Reserved.

 仮装パーティーでにぎわった今週のハロウィーン・ウイークエンドは、近年この時期になると出てくるおなじみホラー・シリーズ『ソウ』の新作映画『ソウ ザ・ファイナル 3D』が、2,253万ドル(約19億1,505万円)をたたき出して全米興行収入のトップに輝いた。(1ドル85円計算)

 主人公ジグソウが作り出した数々の残虐拷問がアメリカで病的な人気を誇るこのシリーズもいよいよ7作目を迎え、ついに3Dで登場。木曜日の深夜先行ロードショーだけでも1,700万ドル(約14億4,500万円)の収入を上げ、金曜日からは全米2,808館・3,500スクリーンで大型ロードショーを敢行。同作品の総合興行収入の割合において全体の92パーセントが3D上映からの収入であったという結果が発表されている。

 売り上げの数字上からは健在に見えるこのシリーズだが、ひと目ではわからないのが実際の作品人気だ。3D上映にあたっては、観客一人頭から平常のチケット代よりも高い3Dの特別料金がボックスオフィスに入ってくる。『ソウ ザ・ファイナル 3D』にあたっては3D上映からの収入が92パーセントということで、観客の頭数が少なくても3D特別料金が総合売上をかなり押し上げているため、興行収入的には大入りに見えるのである。また、シリーズ全体のオープニング成績では、7作品中3番目に低い興行収入で、さらにはシリーズ全体の平均値を下回っているのだ。この点がこれからのシリーズ自体にどういう影響を与えるかが注目される。

 ちなみに配給会社ライオンズゲートが発表した観客の内訳は、56パーセントが男性客で全体の53パーセントが25歳以下の観客で、同じくホラー映画の『パラノーマル・アクティビティ2』と比べると、年齢層が高く、男性客が多かったという結果が出ている。

 代わって第2位は、先週の第1位から59.4パーセントの急下降で1,651万ドル(約14億335万円)の『パラノーマル・アクティビティ2』。だが、公開から10日間でトータル6,570万ドル(約55億8,450万円)という興行収入をたたき出しており、この手の映画の続編にしては上々の出来といえる。

 第3位は壮年組の大健闘でトップ3維持の『RED / レッド』で1,073万ドル(約9億1,205万円)。先週と比べて28.6パーセントしか落下しておらず、いまだにトップ10で頑張っているベン・アフレック主演の映画『ザ・タウン』の落下度28.1パーセントといい勝負といえるスタミナを見せた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 2日
  5. ハロウィーンでホラー映画が大人気!『ソウ』最新作が全米ナンバーワンに -11月1日版