シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ルパート・グリント来日会見!エマ・ワトソンとのキスは「笑っちゃった」!シリーズ完結にさみしさと開放感!!(1/2)

ルパート・グリント来日会見!エマ・ワトソンとのキスは「笑っちゃった」!シリーズ完結にさみしさと開放感!!
スッキリとした笑顔のイバンナ、ルパート、ボニーの三人

 映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』で主人公ハリーの親友ロン・ウィーズリーを演じるルパート・グリントが18日、都内ホテルで行われた来日記者会見に出席し、共演したボニー・ライトとイヴァナ・リンチと共に歴史的フィナーレを迎える本作をアピールした。

 ルパートが日本にやって来るのは、シリーズ第3作目にあたる映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』の来日キャンペーン以来、なんと6年5か月ぶり。全シリーズへの出演を果たし、現在は22歳の好青年に成長した。「今回はホグワーツ魔法学校もないし、僕らも制服を脱ぎ捨てた。これまでの作品にはない暗さがあるし、ロン自身もハリーに対して嫉妬(しっと)心や怒りを抱き、精神的に追い詰められる状況だったね。複雑だけど演じがいがあったよ」と語る口調は、シリーズを支えたメイン俳優らしい堂々たるものだった。

 それでも次回作『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』で披露されるハーマイオニー(エマ・ワトソン)とのキスシーンに話題が及ぶと「9歳から知っている間柄だからね。正直、キスしたときは笑っちゃったよ! 数回のテイクで済んだから良かったよ(笑)」と明るくヤンチャなロンそのままの笑顔を見せた。

 撮影が終了した瞬間は寂しい気持ちもあったそうだが、「この10年間は一瞬一瞬を楽しんだ時間だった。もう『ハリー・ポッター』以前の人生は思い出せないほどだけど、今後は俳優としていろいろチャレンジしたい。今は解放感でいっぱいだよ」とルパート。役柄のイメージが定着していることも気にはしていないと胸を張った。

 一方、ロンの妹・ジニーを演じるボニーは、ルパート同様すべてのシリーズに出演しており、前作『ハリー・ポッターと謎のプリンス』からはハリーの恋人という重要な役どころとなった。「9歳から出演していて、シリーズと一緒にわたし自身も大きくなったわ。最後の最後まで新しい経験の連続で、学びの積み重ねだった。本当の完結を迎えたら寂しくなると思うけど……」と感慨深げだ。そして、シリーズ第5作目の映画『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』で応募者1万5,000人の中からルーナ役に大抜てきされたイヴァナは、オーディション前に原作者J・K・ローリングからファンレターの返事をもらい、勇気づけられたことを明かした。

 今回来日した3人は、11月19日に東京・有楽町の丸の内ピカデリーで初日舞台あいさつに登壇。さらに20日に大阪・なんばパークスシネマ、21日には名古屋・ミッドランドスクエアシネマで舞台あいさつに登壇し、ファンに本作をアピールすることになっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 18日
  5. ルパート・グリント来日会見!エマ・ワトソンとのキスは「笑っちゃった」!シリーズ完結にさみしさと開放感!!