シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

“極悪バンド”モーターヘッドのフロントマン、レミー・キルミスターを追ったドキュメンタリー

“極悪バンド”モーターヘッドのフロントマン、レミー・キルミスターを追ったドキュメンタリー
「オレたち極悪なのさ~!」グレッグ・オリヴァー監督(左)、ウェス・オーショスキー監督(右) - Photo:Yukari Yamaguchi

 映画『極悪レミー』のグレッグ・オリヴァーとウェス・オーショスキーの両監督に話を聞いた。本作は“極悪バンド”モーターヘッドのフロントマン、レミー・キルミスターを追ったドキュメンタリーだ。

 本作のプロデューサーでもある2人は、それぞれ違うスタンスから入ったようだ。すでに監督としての経験もあるオリヴァーは「何かいい題材を探していたところにウェスから話があったんだ。僕自身はレミーの大ファンというほどでもなかったんだよ」という。一方、オーショスキーは「もともと音楽誌の仕事をしていて、インタビューしたんだ。そのためにたくさん聞きまくった。それで一般の人が考えるより、ずっとすごいというのがわかった。極悪のイメージが先行してるけど、それ以上にロックンロールだよ」と熱く語る。

 ドキュメンタリーの対象としてのレミーをオリヴァー監督は「とても協力的だったよ。3年半も追ったんだ。もちろん、ずっといっしょではないけど。いっしょには暮らさなかったから(笑)。そりゃあ3年半もの間には誰でもそうなるだろうけど、たまにはウンザリして、あっち行けみたいなこともあって、それも映画の最後に見られるよ」「レミーに限らず、これだけ長くアーティストといっしょだと、大嫌いになるか大好きになるか、どちらかなんだ。以前1年半追って大嫌いになったアーティストもいた。でもレミーは音楽も人間としても大好きになった。面白くて、スマートで、優しくて、極悪なロックンロールスターなんだ」という。

 確かに本作は、耳をつんざく大音響で有名なモーターヘッドや、ドラッグとアルコールのライフスタイル、関係を持った女性の数1200人とも2000人とも言われる女遊びの激しさなどから極悪とも呼ばれるレミーの、違った面もとらえている。ある日突然現れたという息子に接する様子や、若き日に失ったガールフレンドの逸話など、その強面の外見を裏切るような、優しい顔が見える。メタリカとのライブやフーファイターズのデイヴ・グロールとのセッションなど、ベースをギターのように弾くレミー独特のパフォーマンスもたっぷり楽しめ、アリス・クーパーやビリー・ボブ・ソーントンなどコメントを寄せる面々の濃さも見所だ。

 「ヘビーすぎて拒否反応をおこされがちだけど、まずは経験してみて欲しい。そうしないと良さもわからないんだ」というオーショスキー監督に、オリヴァー監督も「日本には、たくさんモーターヘッド・ファンがいる。もうすでに良さはわかっていると思うけど、ファンはこれを見たら、もっと好きになるし、ファンじゃなければファンになるはずだ」と日本公開を心待ちにしている両監督だ。
『極悪レミー』は世界に先駆けて12月3日からシアターN渋谷ほかで公開予定。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 12日
  5. “極悪バンド”モーターヘッドのフロントマン、レミー・キルミスターを追ったドキュメンタリー