シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

GQ誌が選ぶ今年のリーディング・マン・オブ・ザ・イヤーにアカデミー賞確実の『127アワーズ』主演俳優

GQ誌が選ぶ今年のリーディング・マン・オブ・ザ・イヤーにアカデミー賞確実の『127アワーズ』主演俳優
やりました! -ジェームズ・フランコ

 映画『127アワーズ / 127 Hours』(原題)のジェームズ・フランコが、米GQ誌が選ぶ今年の“リーディング・マン・オブ・ザ・イヤー”に選ばれた。

 「リーディング・マン」とは主演俳優、主役という意味で、まさに彼の今年の注目度を的確に表していると言える。ジェームズは、同誌が毎年出版している“メン・オブ・ザ・イヤー”号で、ほかの部門で選ばれた4人と一緒に表紙を飾ることになる。

 今年を代表するほかの4人は、“ブレイクアウト・スター・オブ・ザ・イヤー”に選ばれたラッパーのドレイク、“アイコン・オブ・ザ・イヤー”のジェフ・ブリッジス、“パトリオット・オブ・ザ・イヤー”に選ばれたスティーヴン・コルベール、そして、“ベイブ・オブ・ザ・イヤー”に選ばれたスカーレット・ヨハンソン。

 ジェームズは、俳優のかたわら5つの大学で授業を受けており、現在はクィア理論に興味を持っているという。クイア理論は、1990年代にフェミニスト研究やレズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダーの性的少数者の研究の中から生まれた理論で、アイデンティティとは、固定化されたものではなく、分類やラベルを貼ることは不可能であるとし、性別や性的指向による分類に異議を唱えている。

 「文学や人生、政治など、何に対してもものすごく広範囲に捉えて考える方法で、すべてのことに対して、アンチノーマル(普通ではない)なアプローチを取るんだ。普通なら、ものごとをストレートかゲイか、共和党か民主党かと言うふうに分類するけど、クイア・アプローチは、これらを複雑にして、さまざまなことが入り混じり、そしてつながっているんだという考え方をするんだ」と、ジェームズは語っている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 18日
  5. GQ誌が選ぶ今年のリーディング・マン・オブ・ザ・イヤーにアカデミー賞確実の『127アワーズ』主演俳優