シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』シリーズ歴代記録を更新する快挙達成!『スター・ウォーズ』超えも射程圏内!! -11月22日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』シリーズ歴代記録を更新する快挙達成!『スター・ウォーズ』超えも射程圏内!! -11月22日版
日本でも大ヒットを記録中! (映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』より) - (C) 2010 Warner Bros. Ent. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

 シリーズ第7弾映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』が、週末興行収入のみで1億2,502万ドル(106億2,670万円)というスゴイ数字をたたき出して全米チャート第1位のみならず、歴代ハリポタシリーズのデビュー週末興行収入記録を打ち破るという快挙を達成した。(1ドル85円計算)

 4,125館・推定9,400スクリーンにて公開され、超大型ロードショーを開始した『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』は、シリーズにおけるデビュー週末収益記録の王座を守っていた映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の1億269万ドル(約87億2,865万円)を上回り、依然衰えぬハリポタパワーのすごさを見せ付けた。ちなみに2009年の映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』が1億4,280万ドル(121億3,800万円)で11月公開デビュー週末記録保持作品であるのだが、残念ながらさすがのハリポタもこちらの記録は破れなかった。

 しかしながら、7作目にしてここまでの人気を誇るシリーズはそうそうあるものではない。ハリポタの新作がこれほどの大ヒットとなった要因として、主人公ハリーの成長と共に子ども向け映画という感の強かったシリーズが徐々にダークさを増し、最終章に突入した今回の新作においては、往年の若年ハリポタ・ファン層に加えて普通の映画ファンの興味もそそったことから、この記録破りのヒットに結びついたと思われる。

 配給ワーナー・ブラザーズの観客調査によると、映画を観に来ていた全体の57パーセントは女性客、そして56パーセントが25歳以下という結果が報告されている。また、『ハリー・ポッター』シリーズは現在までに総合売り上げで約18億4,700万ドル(約1,569億9,500万円)を記録しており、今までのシリーズ王だった映画『スター・ウォーズ』シリーズの保持しているおよそ19億2,000万ドル(約1,632億円、再上映除く)の記録をもうすぐ超えるだろうと予想されている。

 さてランキング第2位に移るが、こちらはハリポタがいなかったら3週連続ナンバーワンを達成していたであろう映画『メガマインド / Megamind』(原題)で1,601万ドル(約13億6,085万円)。公開17日目にして1億930万ドル(約92億9,050万円)という上々の興行収入成績を上げている。

 今週第3位は、先週の第2位からワンランクダウンでデンゼル・ワシントン主演のサスペンス・アクション映画『アンストッパブル』で1,301万ドル(約11億585万円)。先週と比べて42.7パーセントの収益減ではあったものの、同じくデンゼル主演で列車を扱ったサスペンス・アクション映画『サブウェイ123激突』よりは同時期においての下降度は低く、封切り後10日にして4,200万ドル(約35億7,000万円)の総合収益を上げている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 11月
  4. 25日
  5. 『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』シリーズ歴代記録を更新する快挙達成!『スター・ウォーズ』超えも射程圏内!! -11月22日版