シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

「わたしたちは健康的でパワフルなパフォーマンスが可能」!4Minuteが独自のK-POPに自信!(1/2)

「わたしたちは健康的でパワフルなパフォーマンスが可能」!4Minuteが独自のK-POPに自信!
美脚も魅力的な4Minute!

 日本の人気漫画「ドラゴン桜」原作による韓国ドラマ「ドラゴン桜<韓国版>」の主題歌を担当したK-POPガールズグループ4Minuteが、ドラマの魅力や自身のチャームポイント、日本でのK-POP人気について語った。4Minuteは韓国内では初めてとなる、1990年代生まれのメンバーだけで結成された注目のグループだ。

 さまざまな事情や悩みを抱える落ちこぼれ高校生たちが、名門大学を目指す姿を描く本作。グループリーダーのナム・ジヒョンは、「大学進学のための特別クラスが作られて、5人の生徒が集まる場面は、グループを結成したころのわたしたちを思い出しましたね」としみじみ語り、日本も韓国も受験競争が激しい社会だという共通点が共感を呼ぶ作品だと日本の観客に向けて見どころをアピールした。また、大きく澄んだ目が印象的なホ・ガユンは、「10代の人は自分の可能性に希望が持てるようになるし、大人の方は昔の自分を思い出して懐かしい気分になれますね」とコメント。メンバー最年少で日本語が好きというクォン・ソヒョンは、「観ながらいろいろな教訓を得ることができるし、自分もやればできる、と希望を与えてくれますね」とそれぞれ作品が持つ魅力を語った。

 本作のドラマチックな物語にすっかりはまった様子の彼女たちのグループ名「4Minute」は、「舞台に立っている4分間すべての人たちを魅了する」という意味が込められている。2009年6月に韓国でデビューしてすぐ、その名の通りカリスマ性あふれるパフォーマンスでブレイク。2010年5月に日本デビューを果たしている。自分たちの魅力についてメンバーは、「力強いパフォーマンス。ステージ上での姿と、下りたときのギャップ。毎回常に違う姿を見せ続けて、飽きさせないところ」と口をそろえた。中でもリードボーカルを務めるチョン・ジユンは、「ほかのアイドルグループはキュートでか細いイメージがあると思うけど、わたしたちは健康的で、よりパワフルなパフォーマンスができるの」とほかのK-POPガールズグループとは異なるポイントをアピールした。

 彼女たちのほかにも、少女時代やKARAなど、韓国ガールズグループの人気が沸騰中の日本。そんな現状についてナム・ジヒョンは「日本と韓国の両方でわたしたちが愛されていることに感謝しながら、今一生懸命活動しています。長く愛されるようがんばりたい」と決意表明。一番セクシーな高校生として人気のキム・ヒョナは、「いつか日本の素晴らしいアーティストの方とも、コラボレーションできる機会に恵まれたらいいなと思っています!」と目を輝かせながら今後の希望を語った。より完ぺきなパフォーマンスを目指し、日々ひたむきに努力している彼女たちが、日本でさらなる飛躍を遂げる日もそう遠くはなさそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 14日
  5. 「わたしたちは健康的でパワフルなパフォーマンスが可能」!4Minuteが独自のK-POPに自信!