シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

えーっ!13歳でこの色っぽさってアリ?カルト的人気『キック・アス』天才美少女クロエ・モレッツを直撃!(1/2)

えーっ!13歳でこの色っぽさってアリ?カルト的人気『キック・アス』天才美少女クロエ・モレッツを直撃!
劇中よりもグッと大人になったクロエ・モレッツ

 ブラッド・ピットがプロデューサーを務め、全米初登場1位の大ヒットなったヒーロー映画『キック・アス』で悪人どもをなぎ倒す最強ヒロイン、ヒット・ガールを演じた女優クロエ・モレッツが、過激なシーンの撮影に挑んだ心境や「緊張しっぱなしだった」というピットと会ったときの様子などを交え本作の魅力を語った。

 本作はコミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)が、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクに身を包み、ヒーローとして活動を始めるというストーリー。作中に登場するようなオタク青年のことをどう思うかと聞くと「アーロンが演じたデイヴは、ただのオタクじゃなくて、スーパーヒーローになったオタクなの。ひ弱だけど、何度やられても立ち上がってまた戦おうとする。そんな彼はすごく魅力的だと思うわ」との答え。一生懸命頑張る人であれば、その人がオタクかどうかは関係ない様子。

 そんなクロエが本作で演じるのは、父親のビッグ・ダディ(ニコラス・ケイジ)に幼いころからスーパーヒーローになるための訓練を受けてきた戦闘少女ヒット・ガール。全米公開されたときには、クールなコスチュームに身を包んだその姿と同時に、撮影当時11歳の彼女が、悪人たち相手に強烈な暴力を振るい、汚い言葉でののしる過激な描写が話題になった。

 「普通のアクション映画とは違う、まったく新しいタイプの作品にかかわれたことはうれしいし、最高の気分ね。撮影現場では子どもらしさが出ると思って、わざと汚い言葉を強調してみたこともあったわ。みんなはびっくりしたみたいだけど、結局はそのカットが採用になったりもしたの」と語るクロエは、過激なシーンの撮影にも、大人顔負けの度胸で臨んだことを語った。

 そんなクロエが本作における演技の参考にしたのは、映画『ウォンテッド』で暗殺者を演じたアンジェリーナ・ジョリーだったという。アンジーのパートナーであり、本作のプロデューサーでもあるブラッド・ピットとは、映画のロンドンプレミアで初めて会ったという彼女。「彼は本当にいい人だったわ『クロエ、この作品はすごくいいね。アンジーも気に入っているよ』って言ってくれたの」と語った後で「そのときは緊張しっぱなしだったわ。だって、あのブラッド・ピットが目の前にいたのよ!」と目をキラキラ輝かせ、演技では物おじしない彼女も大スターの前では普通の女の子に戻ってしまったことを明かした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 13日
  5. えーっ!13歳でこの色っぽさってアリ?カルト的人気『キック・アス』天才美少女クロエ・モレッツを直撃!