シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

桜庭ななみ、号泣!「わたしのこと忘れないでくださいね」−映画『最後の忠臣蔵』初日舞台あいさつ(1/2)

桜庭ななみ、号泣!「わたしのこと忘れないでくださいね」−映画『最後の忠臣蔵』初日舞台あいさつ
わたしのこと忘れないでくださいね! -杉田監督からの手紙に号泣する桜庭ななみ

 18日、丸の内ピカデリーにて、映画『最後の忠臣蔵』の初日舞台あいさつが行われ、役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、そして杉田成道監督が登壇。それぞれゆかりのある人物からの手紙に感無量の表情を浮かべた。

 役所広司、佐藤浩市という日本映画界きっての演技派俳優の競演、しかも監督はテレビドラマ「北の国から」の演出で、映像に強いこだわりをみせていたことで有名な杉田成道。そんな硬派なメンバーで作り上げた時代劇だけあって、いつも舞台あいさつでリップサービスを展開する佐藤も「初日が迎えられてホッとしています」と一言一言かみしめるように発言。

 そんな中、役所、佐藤、桜庭にゆかりの人物からサプライズの手紙が贈られる。役所には美術監督の西岡善信氏から「素敵な芝居をありがとう、本当にお疲れ様でした」とメッセージが伝えられえると「感激です。ぼくは若造のころから西岡さんの会社にはお世話になっていたので、一緒に仕事ができて感激です」と破顔。一方、佐藤は27年前、映画『魚影の群れ』で一緒だった脚本家・田中陽造氏から「立派な役者に成長した。寺坂吉右衛門を演じきってくれて、つたない脚本を助けてくれた」という感謝の手紙に「27年ぶりに仕事をして、いろいろな思い出があったけど、そう言ってもらえるとありがたい」としみじみ語る。

 二人のあと、桜庭には贈り主が明かされずに手紙が朗読される。「随分と年の離れた人々に囲まれて本当に頑張りましたね」と続く文面に杉田からの手紙であると察すると、桜庭の目には涙があふれる。そして「いつか君もまばゆいばかりの宝石を持った大きな女優になるでしょう。また出会えることを夢見て、別れましょう」という言葉をもらうと号泣。「監督にはクランクイン一か月前からリハをやらせてもらい、ワンシーンワンシーン一生懸命頑張りました。わたしの誕生日の日に、夜中までリハされたときは“このやろう!”って思ったこともありましたが、初日を迎えられて、この場所にいられて……監督には感謝です」とようやく笑顔を見せたが、またすぐに「役所さん、佐藤さん、杉田さん、公開が終わっても、わたしのこと忘れないでくださいね!」と号泣。名残惜しそうに3人を見つめていた。

 最後に役所から「今日でこの映画は、わたしたちの元を離れて一人歩きしますが、面白かったら大きな声でつぶやいてください!」と会場のファンに呼びかけ。最後まで温かい雰囲気の舞台あいさつになった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 18日
  5. 桜庭ななみ、号泣!「わたしのこと忘れないでくださいね」−映画『最後の忠臣蔵』初日舞台あいさつ