シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ジミ・ヘンドリックスの伝記映画、管理団体の許可が下りず…また頓挫

ジミ・ヘンドリックスの伝記映画、管理団体の許可が下りず…また頓挫
今後の動向が気になります! -ジミ・ヘンドリックス - Walter Iooss Jr / Getty Images

 伝説のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスの姿を描く伝記映画の企画が、ヘンドリックスの遺産管理団体からの許諾が下りず、またもや立ち消えとなってしまった。

 ヘンドリックスの伝記映画は2006年にも企画されたが、このときは制作会社のドラゴンスレイヤー・フィルムズが管理団体から許可を取ることができずに頓挫していた。今回は、制作会社のレジェンダリー・ピクチャーズが企画を立て、監督には映画『ボーン・アルティメイタム』のポール・グリーングラス監督、ヘンドリックス役には映画『ハート・ロッカー』に出演したアンソニー・マッキーという面々がそろい、いよいよ実現か、と言われていた。しかしここにきて、ヘンドリックスの遺産管理団体が、企画に初期段階からかかわっていない、として難色を示し、許諾を与えない決断をした。ウェブサイト「デッドライン」によると、管理団体側は「レジェンダリーは我々の許可なく企画にかかわり進めてしまった。ジミ・ヘンドリックスに関する長編映画が作られるさいは、我々が最初から製作にかかわる」と語っている。レジェンダリー側としては、先に綿密に計画を練ってから許諾を得たい構えだったが、これが裏目に出てしまったよう。

 同サイトでは、ヘンドリックスの遺産管理団体がこの自伝映画で「ありのままの」ヘンドリックスの姿を描かれることで過去の楽曲の売り上げに影響することを恐れている、と報じられているが、管理団体側はこれを否定しているという。プロデューサーのビル・ガーバー氏も、「非常に戸惑っている」と許諾が下りないことに驚きのコメントを出しており、製作チームは落胆しているよう。映画制作自体は、ヘンドリックス側の協力がなくても進められるが、その場合、ヘンドリックスが書いた楽曲は一切使用できないため、作品としての価値が限られてしまう。伝説のギタリストの自伝映画だけに、もはや伝説で終わってしまうのか、今後の動向が気になるところだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 18日
  5. ジミ・ヘンドリックスの伝記映画、管理団体の許可が下りず…また頓挫