シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

佐藤浩市『最後の忠臣蔵』インタビュー!「時代劇の心はきっと、老若男女問わずDNAに入っている」(1/2)

佐藤浩市『最後の忠臣蔵』インタビュー!「時代劇の心はきっと、老若男女問わずDNAに入っている」
佐藤浩市 - 取材・文:シネマトゥデイ 写真:吉岡希鼓斗

 『四十七人の刺客』などで知られる池宮彰一郎の同名小説を、テレビドラマ「北の国から」シリーズの演出を手掛けた杉田成道が映画化した『最後の忠臣蔵』で寺坂吉右衛門を演じた佐藤浩市が、作品の魅力、そして約30年もの間けん引し続けている、日本映画への熱き思いを語った。

Q:本作は、時代劇の本場・京都で撮影されたそうですね。やっぱり、京都の撮影所は特別なところですか?

京都の撮影所では、美術部の末端まで、皆が時代劇をちゃんとわかっている。それは東京の若いスタッフにはない知識だし、知識があるからこそ、助監督でも何でも、皆がお互いの意見を言い合えるんですよね。言葉遣い一つ取っても「これは言わないな」とか、ちゃんとわかっていますからね。殺陣でも、ずっと斬(き)られ役をやってきた人たちだから、やっぱり違います。

Q:映画『ラスト サムライ』にも出演された、殺陣師の福本清三さんも出演されていましたね!

福本さんは、30年前に僕が初めて京都に行ったときからバリバリ殺陣をやっていらっしゃる方で、今60代後半。もう何かあったらどうしようって、見ているこっちが怖くて、ビクビクしちゃいました(笑)。

Q:時代劇の魅力はどこにあると思いますか?

形もあるし、形と共にメンタリティーが常にあるということではないでしょうか。どんなにハチャメチャな時代劇でも、やっぱり武士道や侍というメンタリティーは同じだし、市川崑監督が形を崩した時代劇を作ったとしても、核となるのは日本人の心。だから、今皆さんが観て楽しまれている時代劇の心というのは、現代の日本にはもうないものなんです。ないものだけど、日本人としてその心は否定できない。時代劇の心というのはきっと、老若男女問わずDNAのどこかに入っているものなのでしょうね。

Q:佐藤さんご自身、役者として約30年の時が過ぎましたが、振り返ってみていかがですか?

若いころは、形に押し込められる時代劇というものが好きじゃなかったのですが、今は昔と違うカタルシスがあります。昔は、一生懸命役に成り切ろうと無理なアプローチをしたこともありました。でもブレないものが一つだけあって、それはうそをつきたくないということだった。だから若いころは、できるだけ自分が感じたこと、思ったことをはっきり言うようにしていました。今は、監督の希望通りに演じようと変わってきたけれど、そこにうそがあってはいけない。演出家に言われたことを正直に表現するために、どういう道筋を作っていけばいいだろうというのは常に考えています。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2010年
  3. 12月
  4. 30日
  5. 佐藤浩市『最後の忠臣蔵』インタビュー!「時代劇の心はきっと、老若男女問わずDNAに入っている」