シネマトゥデイ

ラスト サムライ (2003)

12月6日公開 154分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ラスト サムライ
(C)2003 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

見どころ

明治維新直後の日本を舞台に最後の侍となった人々の壮絶な戦いを描く歴史超大作。世界的スターであるトム・クルーズと日本の渡辺謙、真田広之らが競演、ハリウッド作品ながら主要キャストはすべて日本人が演じる。監督は『七人の侍』を観て映画の道を志したという『マーシャル・ロー』のエドワード・ズウィックが日本の四季や空気、そして歴史を丁寧に描きだす。また、勝元役である渡辺謙の存在感ある演技には要注目。

あらすじ

南北戦争で英雄になったネイサン・オールグレン大尉(トム・クルーズ)は、戦争が終わってからは銃のデモンストレーションをして生計をたてていた。ある日、日本の政府が西洋の戦術を教えるためにオールグレンを雇い来日させる提案をした。

関連記事

すべて見る »

[PR]

映画詳細データ

英題
THE LAST SAMURAI
配給
  • ワーナー・ブラザース映画
(丸の内ピカデリー1他全国松竹・東急系)
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]