シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

右脚を切断したザ・ザ・ガボール、退院して帰宅

右脚を切断したザ・ザ・ガボール、退院して帰宅
ザ・ザ・ガボール - Jim Smeal / WireImage / Getty Images

 壊疽(えそ)の危険性があったため、右脚の切断手術を行った93歳のザ・ザ・ガボールが22日に退院し、自宅に戻った。

 手術は無事に終わったが、「体はかなり弱っているため注意深く見守る必要がある」と医師はコメントをしていた。それでも順調に回復していると判断し、救急車で帰宅したという。アクセス・ハリウッドによると、自宅では様子を見守るため看護士がつくとのこと。自宅に戻れることをザ・ザはとても喜んでおり、現在も看護士や夫を怒鳴るほど元気だとスポークスマンは言っている。

 ザ・ザは昨年7月にベッドから転倒し股関節の手術を受けるため入院。退院後に血液が凝固する合併症を起こして再入院し、一時は最後の祈りのために牧師まで呼んでいた。


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 1月
  4. 24日
  5. 右脚を切断したザ・ザ・ガボール、退院して帰宅