シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

14歳美少女が本年度アカデミー賞にノミネート!自らのシンデレラストーリーを語る!(1/2)

14歳美少女が本年度アカデミー賞にノミネート!自らのシンデレラストーリーを語る!
アカデミー賞受賞はなるか!?本番のドレス姿も楽しみなヘイリー・スタインフェルド

 第83回アカデミー賞において作品賞を含む10部門にノミネートされた映画『トゥルー・グリット』で、ならず者に殺された父親の復讐(ふくしゅう)を胸に誓う少女マティを熱演し、わずか14歳でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたヘイリー・スタインフェルドが、本作の魅力と突然の栄誉について語った。

 長編映画デビュー作でいきなりアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことについて、「とても信じられなかった。だってたった1年前はオーディションで、ガチガチに緊張しながらジェフ・ブリッジスやバリー・ペッパーと一緒に台本を読んでいたのよ!」といまだに実感がわかない様子のヘイリー。本作の撮影で過ごした月日は、とにかくドラマチックな時間となったようで「コーエン兄弟から出演の返事をもらってから、今日までの日々は、とにかく夢みたいだったとしか言えないわ」と興奮気味に語った。ヘイリーがオーディションを受けていた当時、隣のスタジオでは彼女が大好きなテレビドラマ「Glee」の撮影が行われており、「オーディションも楽しかったけど、ドラマのキャストたちと擦れ違ったときは、ついミーハーな女の子になっちゃった!」と素直な反応を見せるほど、1年前の彼女は素人同然の存在だったのだ。

 しかし、前回アカデミー賞主演男優賞を受賞したジェフ・ブリッジスやマット・デイモン、ジョシュ・ブローリンという名優たちを相手に見せた迫真の演技は、プロそのもの。撮影当時を振り返り「撮影が始まったとき、わたしはまだ13歳だった。13歳って、時に怖いもの知らずなアイデアを出したりするの。初めての長編映画だっていうのに、生意気にもたくさんの意見を出していたわ。でもコーエン兄弟も、キャストたちも、みんな温かくわたしの意見を聞いてくれた」と堂々と語る彼女には、劇中で演じたマティさながらの度胸を持っていることがうかがえる。

 本作の魅力の一つは、骨太な西部劇でありながら、思わず笑ってしまうようなシーンがたくさん出てくるところだというヘイリー。ただ、初めて完成した作品を観たときは、「そのとき試写室にはわたしと家族とエージェントだけだったの。みんな緊張していたせいか、ユーモラスなシーンでも誰も笑わなかったのよ」と笑うどころではなかったそう。しかし「大勢の観客とプレミアで観たとき、客席のいろんなところから笑い声が聞こえてきてすごくほっとしたのを覚えているわ」と続けた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 26日
  5. 14歳美少女が本年度アカデミー賞にノミネート!自らのシンデレラストーリーを語る!