シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

「貞子」が3Dで映画化!“最恐”キャラがスクリーンから飛び出す!

「貞子」が3Dで映画化!“最恐”キャラがスクリーンから飛び出す!
貞子がついに3D化! - (C) 角川映画

 大ヒットホラー映画『リング』に登場する長い黒髪が特徴的なキャラクター「貞子」が3Dとなって映画化されることが15日、角川映画より発表された。同日、2月19日にオープンする角川シネマ有楽町で行われた同社の2011年度ラインアップ発表会で明かされたもので、原作者の鈴木光司は「『テレビから貞子がはい出すシーン』をはるかに凌駕(りょうが)する最大の見せ場で、3Dの可能性に挑戦します」とコメントを寄せた。

 人気作家・鈴木光司の原作小説「リング」はこれまで、日本での映画化だけでなくハリウッドでもリメイクされ、テレビドラマとしても放送された大ヒットホラーシリーズ。そんなシリーズの中、白い洋服を身にまとい超ロングでストレートな黒髪でのそりのそりと近づいてくるキャラクター、貞子は観る者を恐怖に陥れた。現在でも多くの人の記憶に残る代表的なキャラクターだ。そしてこのたび、映画『貞子3D(仮)』となって新たに映画化されることが明らかになった。

 本作は、原作者・鈴木が完全オリジナルストーリーを手掛け、貞子は“悪魔的な美しさ”で人々を誘惑し恐怖へと引きずり込むキャラクターとして描かれる。あふれる魅力で人々を惑わせ、死後ものろい続け絶望へと追い込むという、身近にいたら……と想像するだけでもゾッとするような貞子。監督やキャストなど詳細は未発表だが、「『テレビから貞子がはい出すシーン』をはるかに凌駕(りょうが)する最大の見せ場で、3Dの可能性に挑戦します」と鈴木が言うように、最新の3D技術を駆使して映像化される貞子をメインとした物語に期待が高まる。公開は2012年を予定している。

 そのほかに発表された作品は、水無月すう原作アニメの劇場版『そらのおとしもの』(初夏公開予定)や2008年のテレビアニメのスマッシュヒットをきっかけにコミックやノベル、ゲーム、フィギュアなどさまざまな形でメディアミックスされている「ストライクウィッチーズ」が劇場版として来年公開予定だ。また、総製作期間7年にも及ぶアニメーション超大作『ももへの手紙』(2012年公開予定)は、監督・脚本・絵コンテを担当する映画『人狼 JIN-ROH』の沖浦啓之監督をはじめ、映画『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『サマーウォーズ』『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』などの人気アニメーションにかかわったクリエイターが集結し、劇場長編アニメーションとして誕生する。綾辻行人の同名原作の映画化『Another アナザー』(2012年公開予定)や映画『南極料理人』の沖田修一監督が手掛ける新作『キツツキと雨(仮)』(2012年公開予定)など、注目の新作映画がめじろ押しの角川作品。今年1月1日に角川書店と合併して“新生”角川映画となった同社は、書籍も映画も手掛ける独自の特徴を生かして、日本映画に新たな風を運んでくることになるのか?


【関連情報】

読み込み中...

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク