シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジョニー・デップが、メキシコの革命家パンチョ・ビリャ役を降板!代役は、ガエルかベニチオか?

ジョニー・デップが、メキシコの革命家パンチョ・ビリャ役を降板!代役は、ガエルかベニチオか?
降板したジョニー・デップ

 カンヌ国際映画祭でパルムドールを二度受賞しているエミール・クストリッツァ監督が手掛ける予定の映画『ワイルド・ロージズ、テンダー・ロージズ(原題) / Wild Roses, Tender Roses』で主役を演じる予定だったジョニー・デップが降板したことがLatinoreview.comによって明らかになった。

 これは、作家ジェイムズ・カルロス・ブレイクの小説「ザ・フレンズ・オブ・パンチョ・ビリャ(原題)」をベースに映画化した作品で、パンチョ・ビリャとその仲間達の戦い、盗み、パーティーなどを通しての交流を描いた作品だ。パンチョ・ビリャはメキシコ革命で活躍した革命家で、さらに貧農出身で民衆の英雄でもあり、メキシコのロビンフッド「本物の男(ムイ・オンブレ)」とも呼ばれていた男だ。

 これまでジョニー・デップは、映画『アリゾナ・ドリーム』でクストリッツァ監督とタッグを組んでいたが、今回スケジュールの都合で降板したようだ。その代わりに現在、ベニチオ・デル・トロ、ガエル・ガルシア・ベルナルがジョニーの代役候補として挙がっているそうだ。

 ちなみにこの映画のタイトルは以前、『ザ・セブン・フレンズ・オブ・パンチョ・ビリャ・アンド・ザ・ウーマン・ウィズ・シックス・フィンガーズ(原題) / The Seven Friends of Pancho Villa and the Woman With Six Fingers』であったが、上記のタイトルに変更されている。

 すでにサルマ・ハエックの出演が決定していて、演技派のベニチオとガエルなら、どちらに決まっても興味深い作品になりそうだ。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 24日
  5. ジョニー・デップが、メキシコの革命家パンチョ・ビリャ役を降板!代役は、ガエルかベニチオか?