シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

日本はアニメ大国なのに作家の待遇は後進国並?海外アニメクリエーターに日本のアニメ技術を伝承(1/2)

日本はアニメ大国なのに作家の待遇は後進国並?海外アニメクリエーターに日本のアニメ技術を伝承
来日中の3人の気鋭アーティスト - Photo:Harumi Nakayama

 海外の優れたアニメーション作家に日本で研究・研修の機会を提供し、彼らを通して日本のアニメーション文化を世界に発信するプロジェクト「アニメーション・アーティスト・イン・レジデンス東京 2010−2011」(文化庁&一般社団法人ジャパン・イメージ・カウンシル共催)がスタートし、現在、3人の気鋭アーティストが来日中だ。

 彼らは1月16日から3月31日までの75日間滞在して日本文化やアーティストからの刺激を受けながら作品を制作しており、その中間報告会が19日、東京・渋谷のイメージフォーラムで行われた。

 同プロジェクトは、文化庁がメディア芸術における国際交流の推進と、彼らを通じて国内のメディア芸術水準の交流と発展を目的とした「海外メディア芸術クリエイター招へい事業」の一環として、約1,300万円を投じている。文化庁文化部芸術文化課の佐伯知紀氏は「メディア芸術の国際的な拠点となるべく設立が企画された『国立メディア芸術総合センター』は“国営の漫画喫茶”と言われ、さらに政権交代で撤回となりましたが、ヒューマン支援とソフト支援という基本方針は残っている。その一つが本プロジェクト」と説明する。同庁のヒューマン支援としてはすでに国内の若手アニメーターの人生育成事業などが行われているが、海外のアニメーターを招へいしての事業は初の試みとあって、果たして彼らにとって日本で学ぶことはどれだけ価値があるのかは未知数だった。

 しかし昨夏に、20歳~35歳までの国際映画祭参加経験者を対象に公募を開始したところ、34か国から96人の応募があった。その中から過去作品の評価や実績、日本で制作する作品のプレゼンテーションなどで考慮した結果、中国のチェン・シー(33)、フランスのクリストフ・ゴートリー(34)、英国のジョゼフ・ピアス(28)が選ばれた。いずれも広島国際アニメーションフェスティバルなど名だたるアニメ映画祭に参加経験のある実力者たちだ。彼らは押井守作品で知られるアニメーション製作会社プロダクションI.Gのスタジオ見学や、世界的に知られるアニメーション作家山村浩二や村田朋泰などとの交流で刺激を受けながら、自作の制作に励んでいる。

 チェンは中国の伝統的な切り絵を用い、’60年代の中国を舞台にした『Grain Coupon(霜降)』を制作中。チェンは東京国立博物館で見た浮世絵や扇絵に影響を受けたそうで「それらには当時の人たちの生活が良く表れているだけでなく、繊細な人物の表情や姿勢の描き方が勉強になります。同時に中国と日本の文化は共通している部分が多く、日本に来て自国の文化を再発見しました」と興奮気味に語る。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 23日
  5. 日本はアニメ大国なのに作家の待遇は後進国並?海外アニメクリエーターに日本のアニメ技術を伝承