シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ナタリー・ポートマンの主演女優賞に待った!映画業界のオスカー予想加熱中!【第83回アカデミー賞】(1/2)

ナタリー・ポートマンの主演女優賞に待った!映画業界のオスカー予想加熱中!
確実!思っても、何が起こるかわからないのもアカデミー賞の面白さ!?-ナタリー・ポートマンとアネット・ベニング - Kevin Winter / Getty Images

 アカデミー賞まであと2日、映画関係者や映画ファンが行っているオスカー予想レースがますます白熱する中、主演女優賞の結果予想が注目を集めている。ゴールデン・グローブ賞、全米俳優組合賞(SAGアワード)、全米批評家協会賞、英国アカデミー賞を総なめにした映画『ブラック・スワン』のナタリー・ポートマンの受賞は確実という大方の予想をくつがえし、映画『キッズ・オールライト』のアネット・ベニングが土壇場でオスカーをさらって行くのでは……と目されているためだ。

 才能あるバレリーナを演じるための過酷なトレーニングに挑み、ミラ・クニスとの激しいレズビアンセックスにも果敢に挑戦したナタリーの体当たり演技のような壮絶さはないものの、『キッズ・オーライト』でレズビアンの女性を演じたアネットの披露したパフォーマンスは、その表情1つとっても、見てる者の心をゆさぶる素晴らしいものであると大評判。主要な映画賞を制覇しているのにもかかわらず、大先輩アネットをライバルに持つナタリーは、アカデミー賞の受賞が確実とは言い切れない状態にある。

 また、ロサンゼルスタイムズ紙では、「オスカーの謎:なぜナタリー・ポートマンの勝利は確実ではないのか?」という特集を組み、3つの理由を挙げている。

 1つ目の理由は、ベテラン女優のアネットは過去3度にわたってアカデミー賞ににノミネートされているにもかかわらず、まだ1度も受賞を果たしていないため、そろそろ受賞のタイミングであるということ。

 2つめの理由は、アネットがアカデミー理事の一員であるということ。彼女の持つ、強力なコネクションが、勝利を後押しするだろうというのだ。

 そして3つ目の理由は、『ミルク』のショーン・ペン、『フィラデルフィア』のトム・ハンクスのように、同性愛者ではない俳優がゲイの役を演じると、オスカーを手にする可能性が高いという理由だ。

 どの理由も納得できるものではあるが、それでもナタリーが勝利する可能性は高い。歴代のアカデミー賞を振り返ってみると、アカデミー賞以外の各映画賞を総なめにしつつもオスカーを獲得できなかったという俳優は極端に少ないからだ。近年では映画『ビューティフル・マインド』のラッセル・クロウ一人のみ。ラッセルが受賞を逃した最大の理由は、彼がアカデミー賞の選考締切りを目前に持ち前の短気さを爆発させ、英国アカデミー賞のプロデューサーを殴りつけるという失態を犯したことで、業界内で大ひんしゅくを買ったからだといわれている。結局この年は『トレーニング デイ』のデンゼル・ワシントンが主演男優賞を受賞した。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 2月
  4. 26日
  5. ナタリー・ポートマンの主演女優賞に待った!映画業界のオスカー予想加熱中!