シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

松本人志最新作『さや侍』感動の予告編が解禁 刀を持たない侍と娘が殿様の息子を笑わせる30日間の闘い

松本人志最新作『さや侍』感動の予告編が解禁 刀を持たない侍と娘が殿様の息子を笑わせる30日間の闘い
松本人志監督の新境地! 映画『さや侍』 - (C) 2011「さや侍」製作委員会

 映画『大日本人』『しんぼる』の松本人志監督が完全オリジナルストーリーで送る時代劇映画『さや侍』の予告編が解禁され、本作の鍵となる「三十日の業」の一部が明かされた。予告編では、松本監督ならではの笑いの奥にひそんだ感動を見事にすくい上げ、本作の魅力を余すところなく紹介している。

 今回解禁された予告編では、これまであまり明かされることがなかったものの、物語のキーとなる「三十日の業」の一部をついに解禁。自らの無罪放免を懸け、笑顔をなくしてしまった若君を笑わせるという30日の闘いに挑む主人公・勘十郎が腹踊りをはじめとする、まるでバラエティー番組のような芸に挑戦する姿はこっけいの一言。まさに監督の独壇場といえる「三十日の業」だが、それを単なる笑いにとどめることなく、刀を持たない父を恥じる娘との関係も同時に描くことで、静かな感動へと昇華させるあたりはこれまでの作品とは一味も二味も違う、松本監督の新境地だ。

 笑いを交えながらも、本作の中心にあるのが、父娘の葛藤(かっとう)ときずなであることはぶれておらず、予告編の冒頭で流れる「刀を持って闘わないお侍など、死んでいるも同然です」という熊田聖亜のナレーションはそれを象徴しているといえそうだ。これまで監督を務めた2作では自ら主演を務めた松本監督だが、今回は監督業に集中しており、代わりに主役の父娘に抜てきされたのは素人の野見隆明と熊田聖亜。りょう、國村隼、伊武雅刀、板尾創路といった共演者に囲まれながらも、2人とも本作が映画デビューとは思えない堂々とした振る舞いを披露しており、彼らの演技合戦も本作の魅力の一つとなっている。

 映画『さや侍』は、刀を持たない「さや侍」である野見勘十郎が無断で脱藩した罪で捕らえられるも、無罪放免を懸けて「三十日の業」に挑戦する監督初の時代劇。自身が父親となったことが色濃く反映されている本作は、松本監督ならではのアイデアにあふれながらも、そこはかとない悲しみを感じさせる作品だ。(編集部・福田麗)

映画『さや侍』は6月11日より全国にて公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 4日
  5. 松本人志最新作『さや侍』感動の予告編が解禁 刀を持たない侍と娘が殿様の息子を笑わせる30日間の闘い