シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

10人に1人が電車内で一目ぼれ、恋愛に発展した人も!出会いは電車の中にもある「電車内での出来事に関する実態調査」

10人に1人が電車内で一目ぼれ、恋愛に発展した人も!出会いは電車の中にもある「電車内での出来事に関する実態調査」
出会いは意外なところにも♪-映画『阪急電車 片道15分の奇跡より』 - (C) 2011 「阪急電車」製作委員会

 東宝株式会社が、映画『阪急電車 片道15分の奇跡』を公開するにあたり、20代から50代の女性103名に対して、「電車内での出来事に関する実態調査」を行ったところ、9%と10人に1人が電車内で見掛けた人に「一目ぼれしたことがある」と回答したことがわかった。また、4%と少数ながら電車内での出会いから恋愛に発展した人もいることがわかった。

 「電車で、かっこいいと思う人を見掛けたことはありますか?」という質問には、65%が「ある」と回答した同調査。さらに突っ込んで、「電車内で見掛けた人に一目ぼれをしたことがありますか?」と質問をすると、9%と10人に1人が電車内で見掛けた人に「一目ぼれしたことがある」と回答した。電車内での出会いでは、「かっこいい」と思うことはあっても、なかなか恋愛にまで発展させることは難しそうなところだが、「電車内で出会った人と付き合ったことがありますか?」という質問に、4%の人が「ある」と回答。具体的に「電車を降りてから、ホームで『毎日見ていました』と告白された」「蜂が飛んできて助けてもらって、それをきっかけにしゃべるようになり、付き合いだした」と映画の一場面のような驚きのエピソードも寄せられた。

 また、同調査では「電車で偶然乗り合わせた人に話し掛けられたことはありますか?」という質問に、83%の人が「ある」と回答。電車内では、恋だけでなく、日々さまざまな人と人との交流も生まれているようだ。『阪急電車 片道15分の奇跡』は、そんな電車内での人と人とのふれあいを描き、先月行われた第3回沖縄国際映画祭でも「前を向いて歩こうと思える作品」と絶賛され、観客賞の"Peace部門"海人(うみんちゅ)賞グランプリと審査員特別賞であるゴールデンシーサー賞の2冠を獲得した作品。同調査が証明したのは、本作で描かれる人と人との交流は、映画の世界の話だけではないということ。本作に描かれるエピソードを参考に、思いがけなく訪れる“出会い”を楽しみながら、人生を前向きに生きていきたいところだ。(編集部・島村幸恵)

映画『阪急電車 片道15分の奇跡』は4月23日より関西先行公開の後、4月29日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 22日
  5. 10人に1人が電車内で一目ぼれ、恋愛に発展した人も!出会いは電車の中にもある「電車内での出来事に関する実態調査」