シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

綾瀬はるかの超天然ぶりに会見の司会者が困惑!「天然じゃなくてトンチンカン」と中井貴一からさらに厳しいツッコミも!

綾瀬はるかの超天然ぶりに会見の司会者が困惑!「天然じゃなくてトンチンカン」と中井貴一からさらに厳しいツッコミも!
天然じゃなくてトンチンカン!?-綾瀬はるか

 19日、六本木・グランドハイアット東京にて、映画『プリンセス トヨトミ』完成披露会見が行われ、主演の堤真一をはじめ、共演の綾瀬はるか、岡田将生、中井貴一という豪華キャストが勢ぞろいしたほか、鈴木雅之監督、原作者の万城目学が出席した。この日、登壇者の中で紅一点だった綾瀬は天然コメントを連発し会場を笑いに包んだほか、作品にちなみ歴史上の人物では織田信長と坂本龍馬が好きであることも明かしていた。

 奇想天外なストーリー展開で知られる万城目学の人気小説を、物語の舞台となる大阪の全面協力を得て映画化された本作。劇中で国家予算が正しく使われているかを調査する会計検査院の調査官として、東京から大阪を訪れて謎に迫る精鋭たちを演じたのが堤、綾瀬、岡田の3人。主演で一切の妥協を許さない会計検査院副長・松平元役の堤は「原作は面白くてぶっとんだ話。実際映像化できるのか不安だったけど、完成作を観て『面白い』と思えました」と出来に自信を見せた。

 一方、天性の勘で功績をあげる女性調査官・鳥居忠子役の綾瀬は「一見『ありえない』と思えるけど、実は自分が知らないだけで、本当はこういう世界があるのではないかと思わせる、壮大な作品に仕上がっています」と本作をアピール。しかし、その後司会者から撮影時の思い出を聞かれると「(夏だったので)暑かった……そのぐらいですかね」とポツリ。困った司会者が具体的なコメントを求めると「お好み焼きを作って食べました。わたしが作ったんです」とまたあっさりしたコメント。

 そんな綾瀬に堤も「天然という意味では、綾瀬さんは群を抜いています。撮影時、2人で大阪城を見ていたら綾瀬さんが『お寺ってやっぱりいいですよね』って(笑)。『お寺?』と言ったら『あ、間違った。神社だ』って言っていましたよ!」と仰天エピソードを明かし、会場は爆笑。岡田が「僕もその場にいたけど、自分の耳を疑いました(笑)」と語ったかと思えば、さらに中井からも「綾瀬さんは天然ではない。トンチンカンなんです」とさらにキツイ一言。そんな中井のコメントに対し綾瀬は「(自分には)トンチンカンという言葉が、一番当たるかな」とひょうひょうとした顔で応えるなど、根っからの天然ぶりを発揮しまくっていた。

 『プリンセス トヨトミ』は「鴨川ホルモー」「鹿男あをによし」など斬新な世界観で高い評価を得ている人気作家・万城目学による、第141回直木賞候補に選ばれた小説を映画化した奇想天外な歴史ミステリー。東京から大阪にやってきた会計検査院の調査員による査察をきっかけに、約400年もの間守られてきた秘密が発覚し、大阪中を巻き込む大騒動に発展していくさまを描く。(古河優)

映画『プリンセス トヨトミ』は5月28日全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 19日
  5. 綾瀬はるかの超天然ぶりに会見の司会者が困惑!「天然じゃなくてトンチンカン」と中井貴一からさらに厳しいツッコミも!