シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

人気声優・水樹奈々、音声ガイドに挑戦!「手塚治虫のブッダ展」で「生きるエネルギーをもらった」

人気声優・水樹奈々、音声ガイドに挑戦!「手塚治虫のブッダ展」で「生きるエネルギーをもらった」
黄色と黒のミニワンピで会場を彩った水樹奈々

 25日、アニメ映画『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』の公開に先駆け開催される特別展「手塚治虫のブッダ展」の開会式が行われ、本展で音声ガイドのナレーションを務める声優の水樹奈々をはじめ、銭谷眞美(東京国立博物館館長)、岡田裕介(東映株式会社代表取締役社長)、松谷孝征(手塚プロダクション代表取締役社長)らが出席し、テープカットに参加した。

 アニメ「NARUTO -ナルト-」の日向ヒナタ役などで知られる人気声優の水樹は、歌手・アーティストとしても多くのCDを出しており、多彩な顔を持つ。映画ではミゲーラ役で参加し、本展では持ち前の美声を発揮し、音声ガイドナレーションに挑戦している。すでに内覧を済ませた水樹は「非常に癒やされる空間でした。生きるエネルギーをもらえました。幅広い方々に見ていただきたい」と素直な感想を伝え、感激をあらわにしていた。

 「手塚治虫のブッダ展」は、手塚氏が晩年10年以上の歳月をかけて描いた「ブッダ」の直筆原画52点と、重要文化財を含む本物の仏像など約20点を展示、両方を対比することで、ブッダの生涯をたどりながら、手塚氏が追求したブッダの世界観を体感することができる。まさに仏像と漫画の奇跡のコラボが実現した展覧会となっている。

 映画『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』は2,500年前のインド・シャカ国を舞台に、仏教の開祖・シッダールタの生涯を描いた手塚治虫のコミック「ブッダ」の初のアニメ映画化作品。手塚氏が独自のドラマを構築し、壮大なエンターテイメントとして描いており、最高傑作と称えられている。(取材・文:福住佐知子)

「手塚治虫のブッタ展」は4月26日から6月26日まで上野・東京国立博物館にて開催
アニメ映画『手塚治虫のブッダ 赤い砂漠よ!美しく』は5月28日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 25日
  5. 人気声優・水樹奈々、音声ガイドに挑戦!「手塚治虫のブッダ展」で「生きるエネルギーをもらった」