シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

中国で『クレヨンしんちゃん』監督にファン殺到!北京国際映画祭で世界的な人気を証明

中国で『クレヨンしんちゃん』監督にファン殺到!北京国際映画祭で世界的な人気を証明
上映された『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』ポスターとファンからのサイン攻めに合うしぎのあきら監督 - (C) 臼井儀人 / 双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK 2010

 昨年春に公開された映画『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』が、24日北京国際映画祭、日本映画週間のオープニング作品として上映された。北京国際映画祭は、北京で開催される初の国際映画祭であり、ジャッキー・チェンとチャン・ツィイーの2人がイメージ大使を務めることで話題となっていた。

 今回、北京国際映画祭にて、日本映画週間のオープニング作品として上映された『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』は、タイムマシンに乗ってやって来た花嫁に導かれ、未来都市に赴いたしんのすけが、未来の自分を助けるための戦いを繰り広げるというストーリー。メガホンを取ったしぎのあきら監督が登壇した舞台あいさつは、200人のキャパシティーがほぼ満席となる大盛況で、上映中は幾度も観客から笑いが巻き起こった。そんな大盛り上がりを証明するように、上映後、しぎの監督は、座席に押し寄せたファンへのサイン応対に追われ、これまでに45の国と地域で放送されている「クレヨンしんちゃん」の世界的な人気を肌で感じることとなった。本作は、5月5日から韓国での公開が決定しており、台湾やそのほかのアジア地域からも上映オファーを受けており、今夏の公開を予定しているという。

 日本では最新作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』が公開中の“しんちゃん”。最新作は、関ジャニ∞が主題歌を担当、メンバーの村上信五と大倉忠義が声優に初挑戦したことも話題で、しんのすけがあこがれのヒーロー、アクション仮面からの命を受け、謎の少女レモンと共にスパイとして活躍する姿を描いている。毎年子どものみならず大人の心もつかんでしまう“しんちゃん”の活躍は、海外の人々の心にも響いている様子。北京国際映画祭での上映が、“しんちゃん”の世界的な人気を証明してくれた。(編集部・島村幸恵)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 25日
  5. 中国で『クレヨンしんちゃん』監督にファン殺到!北京国際映画祭で世界的な人気を証明