シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

石原さとみ、劇団☆新感線初参加!ヤクザと愛し合って結婚するウザくてバカっぽいカップルを演じる

石原さとみ、劇団☆新感線初参加!ヤクザと愛し合って結婚するウザくてバカっぽいカップルを演じる
確かに愉快なメンバーです!! 大東俊介、橋本じゅん、石原さとみ

 30日、劇団☆新感線プロデュースの舞台「港町純情オセロ」が公開初日を迎え、本番前に石原さとみ、大東俊介、橋本じゅんら出演者たちによって本編の一部が報道陣に公開された。劇団☆新感線に初参加となる石原だが、役者やスタッフとすっかり息の合った様子をうかがわせながら、終了後の囲み取材で作品のアピールを行った。

 4月15日~4月22日にかけてすでに大阪で上演を行っている同作品。反応は上々だったようで、石原は「アンケートを見たら、皆さんにとても楽しんでいただけたようでした。舞台はお客さんが変わると本当に変わる。東京のお客さんの反応を早く見たいです」と、東京上演に向けて意気込みを語った。今回が初出演となる劇団☆新感線の印象については「キャストもスタッフも本当にプロ意識が高い。『ここが困っている』と言ったら数分後には改善されていました」と大満足だったことを明かしつつ、「打ち上げも豪華でしたし、東京ではどんな打ち上げになるんだろうと期待しています」とキュートな笑顔で食い気ものぞかせていた。

 作中ではヤクザと愛し合って結婚する石原。バカップルのように? イチャイチャする場面もあるが、実はそれが毎回アドリブであることを告白する。「ウザくてバカっぽいけど、ラブラブな2人をアドリブで演じています」という石原のコメントに、相手役の橋本は「舞台上でお客さんが入って僕らが見えてるのに『今日はどうする?』って(打ち合わせをすることがある)。でも、それすら仲良さそうに見えたら成立するんじゃないかな」と、舞台ならでの裏話を披露した。ところでこの日の囲み取材には、橋本のほかオカマにふんした大東も同席。役柄と同じく強烈過ぎるオーラを放つ2人に、石原は素に戻って何度も爆笑するなど、すっかり打ち解けてリラックスしている様子がうかがえた。報道陣からの恋愛に関する質問は「今はないです。いつか頑張ります」とかわしつつ、最後は「たくさん笑ってたくさん感動したと言ってくれるお客さんが多くてうれしい。ぜひ舞台を体感してください」とアピールした石原だった。

 「港町純情オセロ」は、シェイクスピアの名作悲劇「オセロ」を斬新(ざんしん)にアレンジした現代劇。時は1930年、関西の港町で出会ったヤクザの組長のオセロ(橋本じゅん)とモナ(石原さとみ)は、愛し合った末に結婚するも、オセロを憎むミミナシ(田中哲司)の陰謀によって運命が急展開していく。原作を忠実に再現しつつも、コミカルな笑いが随所に盛り込まれた悲喜劇となっている。(肥沼和之)

舞台「港町純情オセロ」は4月30日~5月15日まで赤坂ACTシアターにて上演


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 30日
  5. 石原さとみ、劇団☆新感線初参加!ヤクザと愛し合って結婚するウザくてバカっぽいカップルを演じる