シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

浅野忠信、「赤塚さんが僕を選んでくれた」と初日に感無量!堀北真希は甘え下手であることを告白!?

浅野忠信、「赤塚さんが僕を選んでくれた」と初日に感無量!堀北真希は甘え下手であることを告白!?
堀北真希、浅野忠信もみんなで一緒にシェー!

 30日、丸の内TOEIにてギャグ漫画家・赤塚不二夫の伝記映画『これでいいのだ!!』の初日舞台あいさつが行われ、主演の浅野忠信、堀北真希、阿部力、木村多江、いしだあゆみ、佐藤英明監督が登壇した。

 「天才バカボン」でおなじみの国民的人気を誇るギャグ漫画家、赤塚不二夫の半生を描く本作。破天荒な天才漫画家の赤塚を、ハイテンションで演じた浅野は「この作品は、僕にとって特別な映画。昔から赤塚さんが大好きで、ご本人の写真を部屋に貼って毎日眺めていたんです。そうしたら、何年かたった後にこの役のオファーが来た。赤塚さんが僕を選んでくれたと感じました。現場でも、僕が赤塚さんに対して何ができるか毎日考えていました。こうしてやりきって、みなさんに観てもらえる日が来てうれしいです!」と思い入れたっぷりに語った。フォトセッションではノリノリでおなじみの「シェー!」ポーズを何度も決めたほか、最後には観客に「お客さんもご一緒に!」と呼びかけ、観客にも「シェー!」ポーズをさせてにぎやかに締めくくっていた。

 一方、そんな浅野ふんする赤塚の担当に入社早々抜擢(ばってき)され、振り回されながら最強コンビへと成長していく新人編集者・武田初美を演じた堀北は「これまでギャグ漫画をあまり読んだことがなくて、赤塚先生のこともよく知らなかったんです。でも今回初美という女の子が、赤塚先生の人がらに魅了されていくのと同時に、自分も赤塚先生のことを知っていくことができました。完成作では『これが本当に自分?』と思うような自分がスクリーンの中にいてびっくりしました(笑)。たくさん笑っていただけたらうれしいです」と本作でこれまでとは異なる魅力を見せていることをアピール。また、赤塚不二夫の魅力について「実際に赤塚さんの担当編集者だった武居さんからいろいろお話を聞いたのですが、甘え上手なところがある方だな、と。わたしは甘えるのがヘタなので、うらやましいと思いました」と意外な弱点を告白する一幕もあった。

 映画『これでいいのだ!!』はギャグ漫画家の赤塚不二夫を入社時から担当していた編集者・武居俊樹が、本人との35年間の交流を振り返った著書「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」を基に描く伝記ドラマ。(古河優)

映画『これでいいのだ!!』は全国公開中


【関連情報】
キーワード

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 映画「これでいいのだ!!」が初日迎える from ニュースな日記 (2011年5月4日 14時27分)
    日本のギャグ漫画の到達点としていまだにファンの多い名作 「天才バカボン」の作者、赤塚不二夫の半生を映画化した話題作 「これでいいのだ!!」が初日を迎え、丸の内TOEIでは 出 ... ...[外部サイトの続きを読む]
  • 映画「これでいいのだ!!」が初日迎える from ヤフオク起業道-出品者ノウハウ通信 (2011年5月3日 2時24分)
    日本のギャグ漫画の到達点としていまだにファンの多い名作「天才バカボン」の作者、赤塚不二夫の半生を映画化した話題作「これでいいのだ!!」が初日を迎え、丸の内TOEIでは出演者が揃って舞台挨拶をおこなっています。主演の浅野忠信のほか、堀北真希、阿部力、木村多江… ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 4月
  4. 30日
  5. 浅野忠信、「赤塚さんが僕を選んでくれた」と初日に感無量!堀北真希は甘え下手であることを告白!?