シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

美少女ずらり!成海璃子、草刈正雄の娘・麻有、矢沢永吉の娘・洋子、忽那汐里や森田彩華も登壇した『少女たちの羅針盤』初日

美少女ずらり!成海璃子、草刈正雄の娘・麻有、矢沢永吉の娘・洋子、忽那汐里や森田彩華も登壇した『少女たちの羅針盤』初日
美少女ずらり! 左から草刈麻有、忽那汐里、成海璃子、森田彩華、矢沢洋子

 14日、映画『少女たちの羅針盤』初日舞台あいさつがヒューマントラストシネマ渋谷にて行われ、成海璃子、忽那汐里、森田彩華、草刈麻有らフレッシュな若手美人女優たちのほか、主題歌を担当した矢沢洋子、長崎俊一監督が登壇した。

 演劇に情熱を注ぐ4人の少女たちの青春群像と、ある殺人事件にまつわるミステリーが複雑に絡みあった本作。劇中で伝説の女子高生劇団“羅針盤”のメンバーとして、芝居に打ち込む少女たちを熱演したのが成海、忽那、森田、草刈の4人だ。劇団のリーダー格となる瑠美役を演じた成海は、撮影中の思い出について「劇団名を決めるシーンで、草刈さんが走ってきて、池に落ちて沈んだからめちゃくちゃ笑いました。(池に落ちるのは)台本になかったのでびっくり(笑)」とちゃめっ気たっぷりに語っていた。

 さらに、成海は劇中で共演の森田とキスシーンについて、森田から「女の子とキスするって、想像できなかったので緊張しました。でも初めてが成海さんで良かった」と言われると、照れまくりながら「ありがとうございます。光栄です」と恐縮していた。また、成海は共演の忽那とは高校が同じだったそうで「忽那とはクラスメイトで、修学旅行に一緒に行って楽しかったね」と語ると、忽那も「撮影中に試験で帰ったりしなくちゃいけないときもあったね」と思い出話に花を咲かせる一幕もあった。そのほか、メンバーの中で最年少の草刈は広島県福山市でのロケを振り返り「撮影以外もずっと4人で一緒に過ごして、すごく仲良くなりました」とチームワーク抜群だったことを明かしていた。

 また、ロックシンガー・矢沢永吉の愛娘であり、今作で初の実写映画主題歌を担当したことが話題となっている矢沢は「映画を観て、少女たちの葛藤、その先にある未来への希望を感じたのでそれを歌詞に込めました。このような素晴らしい作品に参加できてうれしく思っています」と晴れやかな表情で語っていた。

『少女たちの羅針盤』は水生大海による同名タイトル小説を、『西の魔女が死んだ』の長崎俊一監督が映画化した青春ミステリー。殺人事件の犯人が暴かれていく現在と、4年前の青春エネルギーあふれる過去が交錯し、犯人の目線で次第に真実が浮き彫りになっていく。(古河優)

映画『少女たちの羅針盤』は全国公開中


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 14日
  5. 美少女ずらり!成海璃子、草刈正雄の娘・麻有、矢沢永吉の娘・洋子、忽那汐里や森田彩華も登壇した『少女たちの羅針盤』初日