シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

大胆濡れ場に挑戦した鈴木杏、上映後に感極まって号泣!監督にビッチ呼ばわりされていたことも告白!?

大胆濡れ場に挑戦した鈴木杏、上映後に感極まって号泣!監督にビッチ呼ばわりされていたことも告白!?
思い入れの強い作品のお披露目に、感極まって涙……鈴木杏とダブル主演の高良健吾

 過激なラブシーンが公開前から話題を呼んでいる映画『軽蔑』の完成披露試写会が22日に早稲田大学・大隈大講堂で行われ、ダブル主演の高良健吾と鈴木杏、そして廣木隆一監督が登壇した。あいさつの途中で鈴木が感極まって涙を見せる場面が見られたほか、一同は撮影時の裏話を暴露して会場を盛り上げた。

 歌舞伎町でダンサーとして働く女性・真知子を演じ、初ヌードにも挑戦するなど、女優として新境地に挑んだ鈴木は「役者としての鈴木杏にとっても、人間としての鈴木杏にとっても、『軽蔑』に出会えたことは大きくて今も胸がいっぱいです」と言葉を絞り出すと、感極まってそのまま号泣。会場からの温かい拍手を受けて涙を拭うと、「自分で言うのも照れますが、本当に愛すべき映画なので、たくさんの方に愛してもらいたいです」と笑顔で語った。

 また体当たりシーンに挑戦した経緯として、「最初に廣木監督と健吾くんとお仕事できるって聞いた時点で参加したいと思った。そこから原作の小説を読んで、真知子という女性にとことん惚(ほ)れて、この人みたいになりたいと思ったときに覚悟は決まっていました」と、監督や共演者や役柄など、全てに背中を押されて真知子役に挑んだことを告白。一方の高良も「芝居だからうそなのかもしれないけど、うそはつきたくない。(演じた)カズとして、真知子の首を絞めてもいいくらい愛そうって思いました」と演技中の心情を振り返り、狂おしいまでの愛情を表現したことを明かした。

 ところでメガホンを取った廣木監督は、撮影現場では相当なスパルタぶりを発揮していたそう。高良と鈴木は口々に「もう一回やって」「気持ちが見えない」「何やりたいのか分からない」「そんなんじゃカメラ回せない」と、廣木監督がダメ出しするときのモノマネを行って監督を苦笑させる。さらに鈴木は「『(役の真知子と一緒で)お前はビッチなんだから』って監督にずっと言われてました」と衝撃の事実を明かすと、監督は慌てて「杏ちゃんは良い子ですよ」とフォローに躍起になっていた。

 映画『軽蔑』は賭博に明け暮れ欲望のままに生きる男と、彼の生きざまに惹かれた踊り子が、命を狙われながらも愛し合う姿を描くラブストーリー。芥川賞作家・中上健次による最後の長編作品を基に、愛し合うものの引き裂かれていく純粋で不器用な男女の愛をリアルな筆致で映像化した。(肥沼和之)

映画『軽蔑』は6月4日より角川シネマ新宿・角川シネマ有楽町ほか全国公開


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 5月
  4. 22日
  5. 大胆濡れ場に挑戦した鈴木杏、上映後に感極まって号泣!監督にビッチ呼ばわりされていたことも告白!?