シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

三浦春馬、榮倉奈々&小西真奈美&井川遥との共演について感想を求められると困惑…

三浦春馬、榮倉奈々&小西真奈美&井川遥との共演について感想を求められると困惑…
完成披露会見に出席した榮倉奈々、三浦春馬、小西真奈美、井川遥(左から)

 2日、映画『東京公園』完成披露記者会見が東京・Q.E.D.CLUBにて行われ、主演の三浦春馬、榮倉奈々、小西真奈美、井川遥、青山真治監督が出席。3人の美人女優との共演の感想を聞かれた三浦は「その質問、いつも絶対聞かれるんですが……」と返答に困り、青山監督から「『(女優さんたちが)美し過ぎて見ていられなかった』と言えばいいんだよ!」と助け船を出されて「そうですね!」とほっとした表情を見せる一幕もあった。

 本作は、公園を舞台にしたみずみずしいラブストーリー。公園で家族写真を撮り続けているカメラマン志望の大学生・光司(三浦)の元に、「ある女性(井川)を尾行して写真を撮ってほしい」という奇妙な依頼が舞い込む。受け身に生きていた光司が、そのことをきっかけに幼なじみの富永(榮倉)、義理の姉・美咲(小西)、そして自分自身と向き合っていく姿を描く。

 揺らぎながらも成長していく光司を演じた三浦は「実際の僕に一番近いと思えた役。光司は普段はスローテンポだけど、周りの人には合わせることができる。社交性はあるけど、自分のペースを守りつつ、内に秘めた陰もあって魅力的な役でした。興味を持ってやらせていただきました!」と今作での役がとても気に入った様子だった。

 そして、心に闇を抱えながらいつも明るく振舞う富永を演じる榮倉は「(自分が演じた)富永は食べるシーンが多い。食べるのが好きなところは同じです」と役柄との共通点をユーモラスにコメント。光司の義理の姉・美咲役の小西は「わたしは実際に弟がいないので緊張したけど、撮影では意外にスムーズに掛け合いができました。自分の中に、新たな発見をすることができました」と今回の役柄が実り多いものだったことを明かした。そして光司のカメラに撮影され続けるミステリアスな女性・百合香を演じた井川は「セリフのない役なので戸惑うところもありましたが、監督から『存在そのものでいてくれればいい』と言われたとき楽になりました。人と人とのつながりを温かく描いた映画です」と本作をアピールしていた。

 映画『東京公園』は「東京バンドワゴン」で多くのファンを生んだ小路幸也の同名小説を、『サッド ヴァケイション』以来およそ4年ぶりの長編作となる青山真治監督が映画化したラブストーリー。(古河優)

映画『東京公園』は6月18日より新宿バルト9ほかにて全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 2日
  5. 三浦春馬、榮倉奈々&小西真奈美&井川遥との共演について感想を求められると困惑…