シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

岡田准一の幻のシーンが収録!『SP 革命篇』DVD&ブルーレイに込めた波多野貴史監督の思い(1/2)

岡田准一の幻のシーンが収録!『SP 革命篇』DVD&ブルーレイに込めた波多野貴史監督の思い
ものすごいところで銃を! - (C)2010「SP」プロジェクトチーム

 8月26日にDVD&ブルーレイで発売が決定した『SP 革命篇』の波多野貴史監督が、知られざる“革命編”の裏側を語った。週末興行ランキング3週連続1位を獲得し、興行収入33億円を突破した、岡田准一主演の映画『SP』シリーズの最終章となる劇場版第2弾『SP 革命編』。岡田が演じる警視庁SPの井上と、堤真一が演じる「大義」のためにある壮大な計画を実行する井上の上司、尾形との緊迫したストーリーを描いた本作。この作品には、波多野監督自身のこだわりが数多く隠されているという。

 まずは、“国会議事堂”という壮大なステージ。最近は何かと話題になっている国会議事堂で、大きな銃声が鳴り響くところからストーリーが始まる本作。波多野監督は国会議事堂でのシーンを撮影するため、スタッフたちと何度も訪れ、国会議事堂内をくまなくリサーチしたという。監督は、「もう何を聞かれても答えられるくらい、議事堂の中の設計は、パーフェクトですね。念入りにリサーチしたおかげで、リアルな映像を撮ることができたんだと思います」と語った。

 また、すべてのアクションを、岡田がスタントなしでこなしていることは周知の事実だが、今回、皆がヒヤッとするシーンがあったという。「国会議事堂の、議員席のテーブルを階段のように、岡田くんが駆け下りるシーンがあったんですが、さらに命綱のようなものもなかったので、一歩間違えれば、かなり大変なことにもなりかねないシーンだったんです」と監督が振りかえるように、撮影のときはテーブルの上に、プリント用紙や水など、多くの小道具もあったため、シンプルに見えて撮影はかなり危険だった。これまで多くのスタントをこなしてきた岡田は、本作でも高度なアクションに挑戦している。このアクションシーンもまた、波多野監督のこだわりのひとつなのだ。ちなみに、「SP 革命篇」DVD&ブルーレイ特別版には、国会議事堂の3階から外壁を伝い、テロリストが占拠する2階に窓から潜入し、居合わせた人たちに向かって「シーッ」と口に指をあてるシーンが、未公開シーンとして収録されている。実はこのシーン、以前、映画のスチール写真などで紹介されたことがあり、ファンの間で「本編にはなかった!見たい!」とうわさになっていたこともあるが、波多野監督に聞くと、テンポの問題で、カットしてしまったんだそう。「本編には入れることができなかったシーンが、全部で4つ入っているので、ぜひ観て欲しいです!」と、SPファンにメッセージを送った。


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 1日
  5. 岡田准一の幻のシーンが収録!『SP 革命篇』DVD&ブルーレイに込めた波多野貴史監督の思い