シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

『SUPER 8』が全米ナンバーワン!強力コンビの作品にしては地味なデビュー? -6月13日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『SUPER 8』が全米ナンバーワン!強力コンビの作品にしては地味なデビュー? -6月13日版
映画『SUPER 8/スーパーエイト』より - (C) 2011 PARAMOUNT PICTURES ALL RIGHTS RESERVED.

 映画『クローバーフィールド/HAKAISHA』やテレビシリーズ「LOST」などでおなじみのJ・J・エイブラムス、そして製作総指揮にスティーヴン・スピルバーグという強力コンビで製作された話題の新作映画『SUPER 8/スーパーエイト』が3,545万ドル(約28億3,600万円)の収益を上げて今週の全米映画ランキングの第1位となった。(1ドル80円計算)

 この作品は製作が決定した当初から、「未知なものに対する人々の関心」を増幅させるという意図で、封切りまではその内容を絶対明かさないという秘密厳守のPR作戦が敢行された。作品のあらすじにおいても、1970年代後半が舞台で、8ミリカメラで映画を撮影中だった子どもたちが列車脱線事故を目撃してしまったことからストーリーが展開する……としか発表されていなかった。

 このトップ・シークレット広報作戦は映画の製作が決定した1年以上前から続けられており、当初はさておき、ワクワクするような情報もないまま1年以上待たされた映画ファンにとっては、「この期に及んで今さら……」という感がぬぐいきれなかったようだ。その結果が、ハリウッドの最強コンビが製作した作品にしてはかなり低いデビュー週末興収として如実に表われてしまった。製作・配給のパラマウントは、この作品は長期にわたってスタミナがありこれからが勝負であるとコメントしており、これからのチャート動向に注目が集まる。

 今週の第2位は、先週のトップから56.2パーセント収益ダウンした映画『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』で2,413万ドル(約19億3,040万円)。この成績は、シリーズ前作にあたる映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』の封切り2週目における興収落下率69パーセントと、2006年の同シリーズ映画『X-MEN: ファイナル ディシジョン』の66.9パーセントと比べ上々の持続度を見せているが、公開10日目の総合収益は9,800万ドル(約78億4,000万円)となっており、シリーズ全体として見ると本作の収支はまだ最下位で、来週以降どの程度売り上げを伸ばすか?

 第3位は、こちらもワンランクダウンの映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』で1,767万ドル(約14億1,360万円)。公開後16日目にして2億ドル(約160億円)の大台を超え、これまで今年度興収キングに君臨していた映画『ワイルド・スピードMEGA MAX』の王座を奪い、現時点での新たな2011年の映画王となった。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 15日
  5. 『SUPER 8』が全米ナンバーワン!強力コンビの作品にしては地味なデビュー? -6月13日版