シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

Mr.Childrenの「蘇生」、映画『ライフ −いのちをつなぐ物語−』の主題歌に(1/2)

Mr.Childrenの「蘇生」、映画『ライフ −いのちをつなぐ物語−』の主題歌に
主題歌を担当することが発表されたMr.Children

 人気バンドMr.Childrenが2002年に発表した「蘇生」が、映画『ライフ −いのちをつなぐ物語−』の主題歌となることが明らかになった。これまでに邦画の主題歌を担当したことはあったが、楽曲が洋画の主題歌となるのはミスチルにとって本作が初めて。メンバーの桜井和寿は「動物たちは、命は、意志を持った的確な言葉で雄弁にしゃべっている。この映画を観るまで知らなかった」と映画のテーマに深く共感を寄せており、そのこともあって、今回のコラボレーションが実現した。

 「蘇生」は、ミスチルが2002年に発表した「IT'S A WONDERFUL WORLD」に収録されている楽曲で、シングルカットこそされていないものの、ほぼすべてのライブで演奏されている定番曲。その分メンバーの思い入れも深い楽曲であり、その中で歌われているまっすぐなメッセージが本作のテーマと共通していることから、製作側が楽曲提供をオファーし、主題歌として起用されることが決定した。ボーカル・ギターの桜井和寿は、本作について「動物たちは、命は、意志を持った的確な言葉で雄弁にしゃべっている。この映画を観るまで知らなかった」と映画のメッセージに深く共感していることをうかがわせるコメントを寄せている。

 絶大な人気を誇るミスチルに楽曲提供をオファーしたエイベックス・エンタテイメントの新崎英美氏は、本作について「本作を初めて観たとき、動物たちの姿を通して描かれる、その“いのち”の物語に素直に感動しました。さらに、時をへて今、ここ日本で暮らすわたしたちにとって、その強く生き抜く動物たちの姿勢は、大きな励ましになり、勇気を与えてくれる。そう感じています」と東日本大震災など、苦境に立つ現在の日本人にこそ観てもらいたい映画だと強調。「蘇生」についても「まっすぐなメッセージは、 今の日本を元気に励ましてくれる。それは映画と共通して、今だからこそ多くの人に届けたい楽曲だと強く感じています」とオファーした理由を明かしている。

 また、主題歌発表と併せて、本作の予告編も解禁。製作費35億円、製作日数3,000日というネイチャードキュメンタリー史上最大規模のスケールで贈る本作の一端がついに明らかにされた。従来の作品とは異なり、動物たちと同じ視線を意識したという映像には目を見張るものがあり、そこにとらえられている“いのち”の躍動感を感じることができるものに仕上がっている。松本幸四郎・松たか子親子のナレーションも見事にマッチ。本作が単なるドキュメンタリーではない、地球を舞台にした大きな物語であることを実感させられる。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • [ミスチル] ここ数日のMr.Children 関連の話題をまとめて from THE有頂天ブログ (2011年6月23日 22時39分)
    ■「ソロモン流」にサッカー日本代表 長谷部誠選手が登場! ・ソロモン流 公式サイト (テレビ東京) サッカー日本代表主将・長谷部誠が「ソロモン流」に登場する。去年のサッカーW杯で見事にチームをまとめ上げ牽引していた姿は記憶に新しいところ。 著書「心を整える」は自身の体験を通してまとめた独自のメンタル術が、スポーツだけでなくビジネスなどあらゆる分野で応用できると評判を呼びベストセラーとなった。 そんな彼が番組案内人・船越英一郎と日常生活の過ごし方などプライベートに関するトークで大いに盛り上がり、更 ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 22日
  5. Mr.Childrenの「蘇生」、映画『ライフ −いのちをつなぐ物語−』の主題歌に