シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

来年のNHK朝ドラヒロインは堀北真希に決定!「梅ちゃん先生」で昭和の町医者に!(1/2)

来年のNHK朝ドラヒロインは堀北真希に決定!「梅ちゃん先生」で昭和の町医者に!
ガッツポーズを見せた堀北真希

 29日、平成24年度前期のNHK連続テレビ小説「梅ちゃん先生」の制作発表会が渋谷のNHKで行われ、ヒロインを女優の堀北真希が務めることが明らかになった。主人公・梅子にふんする堀北は、戦後復興期の昭和をテーマにした作品ということもあり「わたしも昭和生まれ、昭和を誇りに思っています」と「昭和の女」になることに前向きな姿勢で抱負を語った。また、プロデューサーの岩谷可奈子と脚本の尾崎将也も制作発表会に出席した。

 黒いスリムなスーツ姿で登場した堀北は、今回の起用に関して「今までで一番緊張するお仕事。皆さんの一日が笑顔で始まるよう精いっぱい頑張りたい」と抱負を語り、町医者の梅子を演じることには「梅子も医者になるまでにひと山もふた山も乗り越えねばならない試練があると思いますが、早く皆さんに『梅ちゃん先生』と呼ばれるようになりたい」と意気込んだ。

 岩谷プロデューサーは、本作の企画意図を「震災後の企画で非常に悩んだ。報道の中で自分が被災者にもかかわらず医療に従事している人の姿を見て、地域医療に焦点を絞りたいと思った。またゼロからの出発ということで戦後復興期を時代背景に選びました。地域医療にかかわる女のお医者さんが主人公でオリジナルストーリー。実在のモデルはいません。名もなき人々の底力を表現できればと思います」。またヒロインの堀北については「この細い体からパワフルなエネルギーが出てくる。どこかに昭和のにおいのする女優さんで今回のテーマにぴったり」と太鼓判。

 一方、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』など昭和の人物を演じることが多く「昭和の女」のイメージがついてまわることに堀北は、「昭和の時代のお話をやらせてもらうと、その中で時代を疑似体験することができて学ぶことが多いです。昭和の、特に戦後の人達のパワーはすごいと思う。私も昭和生まれですし、昭和を誇りに思っています」と「昭和の女」が代名詞になることに意欲的だった。また、演じる医者についてのイメージは「小さいころ、熱を出してはよく筋肉注射をしてもらったんですが、3秒で終わるよと言われても、もっとかかっているように感じました。それでお医者さんの3秒は長いなと思っていました」とかわいらしいエピソードを披露し会場を和ませた。

 最近では観月ありさ主演の「鬼嫁日記」や阿部寛主演の「白い春」の脚本も担当した尾崎は「民放ドラマの制作発表会と違いこのような(ライトの当たる)場に登場させてもらい偉くなった気がする」と会場を笑わせた後「このドラマは十数年にわたる物語で、それぞれの登場人物が年月を経て変化したり成長していったりするので人物を作り込んでいきます。そこに自分の本来の持ち味である笑いを入れて楽しいドラマにしていきたい」とコメントした。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 6月
  4. 29日
  5. 来年のNHK朝ドラヒロインは堀北真希に決定!「梅ちゃん先生」で昭和の町医者に!