シネマトゥデイ

ALWAYS 三丁目の夕日 (2005)

2005年11月5日公開 133分

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
ALWAYS 三丁目の夕日
(C)2005「ALWAYS 三丁目の夕日」製作委員会

見どころ

昭和33年の古きよき日本を舞台に、家族の触れ合いを描いた心温まる人情ドラマ。下町の住民たちには、吉岡秀隆、堤真一、小雪、薬師丸ひろ子ら豪華メンバーが集まり、昭和の雰囲気を存分にかもし出している。『Returner リターナー』などVFXを使用した作品の多い山崎貴監督が、本物に引けを取らないほど美しい夕焼けを作り出すことに成功した。ほかにも建設途中の東京タワーなど、当時の日本が忠実に再現されている。

あらすじ

東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真紀)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。

関連記事

すべて見る »

[PR]

キャスト

スタッフ

監督
VFX
脚本
原作
エグゼクティブプロデューサー
主題歌

映画詳細データ

製作国
日本
配給
  • 東宝
(全国東宝系)
リンク
公式サイト
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]