シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『トランスフォーマー』最新作が2週連続全米ナンバーワン&今年度の新ボックスオフィス王に! -7月11日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

『トランスフォーマー』最新作が2週連続全米ナンバーワン&今年度の新ボックスオフィス王に! -7月11日版
2011年の暫定ナンバーワン作品に! -左からシャイア・ラブーフ、マイケル・ベイ監督、ロージー・ハンティントン=ホワイトリー - Jamie McCarthy / WireImage / Getty Images

 今週は映画『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』が、先週と比べ51.9パーセントの収益減となったものの、当初の予想よりもかなり元気な2週目の成績を上げ、全米ナンバーワンの座を保持。それに加えて、今まで今年度のボックスオフィス王だった映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』を首位からけり落としてトータル2億6,110万ドル(約208億8,800万円)の収益をたたき出し2011年のナンバーワン映画の座をも獲得した。(1ドル80円計算)

 封切り2週目の週末を、総合収益にして4,710万ドル(約37億6,800万円)で飾った『トランスフォーマー』シリーズの最終章は、前作の映画『トランスフォーマー/リベンジ』が見せた2週目同時期における興収を追い抜き、先週の時点で懸念されていた「やっぱり3作目ともなると息切れか?」という心配を覆して、作品の粘り強さを見せつけた。

 今週第2位は、初登場の映画『ホリブル・ボスズ(原題)/Horrible Bosses』。主人公がそれぞれに超ムカつく上司を持ち、そのボスを葬り去ろうと画策する3人のダメ男たちが巻き込まれていくドタバタ劇だ。週末に同作を観に来ていた64パーセントは25歳以上の男性という観客調査の結果が出ており、企業で働いた経験のある人なら誰でも共感できる(!?)作品である。ちなみに、『ホリブル・ボスズ(原題)/Horrible Bosses』の製作費は、トップの『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』製作費の約5分の1にして、今週末の収益は2,830万ドル(約22億6,400万円)と、あと一歩で製作費用の元を取れる奮闘ぶりだ。コリン・ファレルやジェニファー・アニストン演じる上司がかなり話題になっているが、映画ファンのサイトやクチコミで好評を得ているこの作品が、去年の驚きヒット作品『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』並みのスタミナを披露するかに注目が集まっている。

 初登場ながらも第3位にとどまり明暗を分けたのは、映画『ズー・キーパー(原題)/Zookeeper』。製作費用は8,000万ドル(約64億円)と第2位の『ホリブル・ボスズ(原題)/Horrible Bosses』の2倍以上にもかかわらずデビュー週末の興収は2,007万ドル(約16億560万円)。安く作って賢くもうけるという映画業界の鉄則を守れなかった今週のトホホ作品である。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 13日
  5. 『トランスフォーマー』最新作が2週連続全米ナンバーワン&今年度の新ボックスオフィス王に! -7月11日版