シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

エマ・ワトソン、ギレルモ・デル・トロと「美女と野獣」映画化でタッグ!?

エマ・ワトソン、ギレルモ・デル・トロと「美女と野獣」映画化でタッグ!?
まさに「美女と野獣」の組み合わせ……? - (左)Fotos International / Getty Images (右)Kristian Dowling / WireImage / Getty Images

 映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』が映画史を塗り替える大ヒットスタートを切ったエマ・ワトソンが、「美女と野獣」の映画化企画で鬼才ギレルモ・デル・トロ監督とタッグを組む可能性が出てきたとComingSoon.netが報じている。まだ詳細は明らかになっていないものの、実現すれば話題になること間違いなしの組み合わせだ。

 ComingSoon.netによると、映画『クレイジー、ストゥーピッド、ラブ(原題)/ Crazy, Stupid, Love』はディズニー映画で知られる民話「美女と野獣」を下敷きにした作品で、プロデューサーのデニーズ・ディ・ノヴィは、デル・トロ監督とエマの起用を希望。美女の役にエマはぴったりに間違いないが、デル・トロ監督は一見メルヘンチックなファンタジーに思えるものの中身は実は……という映画『パンズ・ラビリンス』を手掛けているだけに、今回ももちろん、普通の「美女と野獣」になるわけはない? ディズニー版しか観たことのない観客には強烈な印象を与える作品が期待できそうだ。

 デル・トロ監督は現在、日本から菊地凛子の出演も決定している新作モンスター映画『パシフィック・リム(原題) / Pacific Rim』のほか、プロデュース作品も含む複数の企画を進行中。一方のエマも、『ハリポタ』が完結した余韻冷めやらぬまま、今年後半には映画『マイ・ウイーク・ウィズ・マリリン(原題)/ My Week With Marilyn』、来年には『ザ・パークス・オブ・ビーイング・ア・ウォールフラワー(原題)/The Perks of Being a Wallflower』が控えている売れっ子であり、もしタッグが実現するとしても、来年以降の話となる可能性が高い様子。期待の若手女優と有名監督のタッグはよくあるものの、今回は組み合わせが組み合わせだけに期待大。続報が楽しみなニュースだ。(編集部・福田麗)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 20日
  5. エマ・ワトソン、ギレルモ・デル・トロと「美女と野獣」映画化でタッグ!?