シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ジョン・ウー監督来日!大地真央に「もっと早く会いたかった」と出演オファー!?

ジョン・ウー監督来日!大地真央に「もっと早く会いたかった」と出演オファー!?
相思相愛のジョン・ウー監督と大地真央

 27日、パークハイアット東京にて、映画『レイン・オブ・アサシン』の来日記者会見が行われ、プロデューサー兼監督を務めたジョン・ウー監督をはじめ、共同監督のスー・シャオピン監督、女優の大地真央がゲストとして出席した。ウー監督は開口一番、東日本大震災の被災地に向けて「哀悼の意を表します。日本の皆さんが勇敢に立ち向かう姿に感動しました。早く立ち直れることを祈っています」と力強くエールを送った。

 ウー監督の娘も映画デビューを果たしている本作。会見でそのことに触れられると「娘には大甘なんです」と照れくさそうに笑みを浮かべたウー監督。「娘は映画監督を目指しています。監督になったときに役者の経験はきっと演技指導するときのコミュニケーションなどに役立つと思い、シャオピン監督に頼んで出演させていただきました」と出演の経緯を説明。劇中では主人公を襲う刺客の一人を演じており、「ワイヤーアクションにも挑戦しているんですが、高くつるされているので心配で心配で、スタッフに何度も『大丈夫か? 大丈夫か?』って確かめたよ。でも娘には『お父さん現場にいないでよ』とうるさがられてね」と映画『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』などで熱い男たちを描いてきたウー監督の意外な親ばかっぷりがわかるエピソードが明かされた。

 一方、本作で脚本も担当したシャオピン監督について「脚本家としての質も中華圏の中で二人といない存在です」と大絶賛。ウー監督自身は女性の演出があまり得意でないとも語り「シャオピン監督の女優の演出は本当に見事で、男優もロマンチックに演出する手腕に嫉妬(しっと)を覚えるくらいでした。いろいろと学ばせてもらいました」と惜しみない賛辞を送っていた。

 また、この日は女優の大地真央も花束を持って登壇。大地の美しさに感激したウー監督は「もっと早く会いたかったよ」と大地を前にしてニッコリ。「続編をつくるときにはぜひ出演していただきたい」とアピールすると、大地も「ワイヤーにつられてみたいです」とほほ笑んでいた。

 『レイン・オブ・アサシン』は、大ヒットを記録した『レッド・クリフ』シリーズのジョン・ウー監督が放つ武侠アクション大作。明朝期の中国を背景に、武術界の究極の奥義をめぐって最強の刺客たちが繰り広げる愛と闘いのドラマを描く。孤高の女刺客には『グリーン・デスティニー』のミシェル・ヨー、相手役に『グッド・バッド・ウィアード』のチョン・ウソンがふんする。(取材・文:中村好伸)

映画『レイン・オブ・アサシン』は8月27日より新宿武蔵野館ほか全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 27日
  5. ジョン・ウー監督来日!大地真央に「もっと早く会いたかった」と出演オファー!?