シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

松ケン&菊地凛子、幻のキスシーンの存在が明らかに!きれいでありながらエロチックな仕上がり!

松ケン&菊地凛子、幻のキスシーンの存在が明らかに!きれいでありながらエロチックな仕上がり!
美しくもはかないキスシーンです! - (C) 2010「ノルウェイの森」村上春樹 / アスミック・エース、フジテレビジョン

 松山ケンイチと菊地凛子の濃厚なキスシーンが話題になっている映画『ノルウェイの森』には、本編で見られるものはまた違う“幻のキスシーン”が存在したことが明らかになった。これはブルーレイ&DVDの特典映像に収録されているもので、2人が雄大な自然にそのまま溶け込んでしまうかのような、非常にアーティスチックな仕上がりとなっている。

  松ケンと菊地の“幻のキスシーン”が収録されているのは、現在発売中のブルーレイ&DVDの特典映像。松ケン演じるワタナベと菊地演じる直子の、降りしきる雨の中でのキスシーンは、劇場公開版ではお互いを貪るように激しく唇を合わせる2人の姿が話題になったが、今回明らかになったキスは一転、優しくきれいなものに。ほとんど変わらぬ場面状況でありながら、雰囲気は一見しただけでは同じシーンとは思えないほど変わっており、そのことに驚く人もいるに違いない。

  もともと本作のトラン・アン・ユン監督は、長編デビュー映画『青いパパイヤの香り』に代表されるように、自然の極彩色を生かした絵作りをすることで知られている。今回の“幻のキスシーン”はまさにその手腕が存分に生かされたもの。村上春樹の原作本の表紙を思わせるような緑を背景に、雨に濡れた2人が暖を取るように抱き合いながらキスするまでの一連の流れはこの上なくアーティスチックであり、劇場公開版のように激しいわけでもないのに、そこはかとなくエロチックな雰囲気に満ち満ちている。

  本作のブルーレイにはまったくの別編集である「エクステンデッド版」が収録されており、その劇場公開版とはまったく異なる印象が大きな話題を呼んでいる。今回のキスシーンも、編集や演出により印象が一変するという意味では同様であり、本作の完成版がいかに繊細に作り上げられているかをうかがわせる。ただの特典映像とスルーするのではなく、本編に使われてこそいないものの、この“幻のキスシーン”も映画『ノルウェイの森』を構成する重要なピースの一つであることを意識して、ぜひ自分の目で確かめてみてほしい。(編集部・福田麗)

『ノルウェイの森』ブルーレイ【コンプリート・エディション3枚組】価格:5,990円(税込み)  DVD【スペシャル・エディション2枚組】価格:3,990円(税込み) 共に発売中   発売元:アスミック・エース エンタテインメント、フジテレビ  販売元:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 25日
  5. 松ケン&菊地凛子、幻のキスシーンの存在が明らかに!きれいでありながらエロチックな仕上がり!