シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ハリポタ最終章は2週目にして72パーセントという落下率 新作『キャプテン・アメリカ』は華々しいトップ -7月25日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

ハリポタ最終章は2週目にして72パーセントという落下率 新作『キャプテン・アメリカ』は華々しいトップ -7月25日版
格闘ゲームでご存知の方も多いはず! -映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』より - (C) 2010 MVLFFLLC. TM & (C) 2010 Marvel Entertainment, LLC and its subsidiaries. All rights reserved.

 アメコミ・ヒーローものに対して食傷気味と思われていた全米ボックスオフィスだが、マーベルの新作映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』が6,506万ドル(約52億480万円)をたたき出し、全米ナンバーワンに輝いた。(1ドル80円計算)

 日本では、なじみが薄いが、キャプテン・アメリカは今年公開されたアメコミ・ヒーローの中でも一番有名なキャラで、スーパーヒーロー軍団であるジ・アベンジャーズの一員としても知られている。

 ここ最近公開されたアメコミ作品のデビュー週末収益は、映画『マイティ・ソー』の6,572万ドル(約52億5,760万円)、映画『グリーン・ランタン』の5,317万ドル(約42億5,360万円)、そして映画『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の5,510万ドル(約44億800万円)となっている。本作のデビュー週末収益は『マイティ・ソー』よりは若干低いが、ほかの2作品よりも上回っている。

 また、3D上映館の収益が全体の40パーセントだったことを考えると、『マイティ・ソー』の60パーセントに比べ、3Dの高額なチケット単価にあまり頼らず(客数がある程度少なくても、3Dは単価が高いので総合収益では大入りに見えることがしばしば)、ある意味では昔ながらにコツコツと(!?)一人ずつ観客から定額の入場料をもらい、たくさんのお客さんに来てもらうことで収益総額を上げている。

 なお、配給パラマウント・ピクチャーズの統計によると週末に本作を観に来ていた観客の64パーセントが男性客、58パーセントが25歳以上の観客であることが発表されている。

 第2位は、72パーセントという落下率でトップから滑り落ちてしまった映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』の4,742万ドル(約37億9,360万円)。封切り10日間の歴代記録において映画『ダークナイト』に次いで2億7,354万ドル(約218億8,320万円)という収益を上げたものの、出だしがハデだと落ち方もハデという全米ボックスオフィスの定説を立証する形になってしまった。

 第3位は、今週初登場のジャスティン・ティンバーレイク、ミラ・クニス出演のラブコメ映画『フレンズ・ウイズ・ベネフィッツ(原題) / Friends with Benefits』で1,862万ドル(約14億8,960万円)。この手のジャンルにしては可もなく不可もないレベルの成績といえよう。、2,926館・3,500スクリーンで封切られたこの作品を週末に観に来ていた観客は、配給のソニー・ピクチャーズによると62パーセントが女性客、そして56パーセントが25歳以上の観客であったという結果が発表されている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 27日
  5. ハリポタ最終章は2週目にして72パーセントという落下率 新作『キャプテン・アメリカ』は華々しいトップ -7月25日版