シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

『アイコ十六歳』の今関あきよし監督、罪を償い9年ぶりの渾身作 チェルノブイリ原発事故のその後を描いた恐ろし過ぎるファンタジー(1/2)

『アイコ十六歳』の今関あきよし監督、罪を償い9年ぶりの渾身作 チェルノブイリ原発事故のその後を描いた恐ろし過ぎるファンタジー
画『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』の今関あきよし監督

 1986年にソビエト連邦(現・ウクライナ)で起こったチェルノブイリ原子力発電所事故から25年を迎えた今年、事故を題材にした映画『カリーナの林檎~チェルノブイリの森~』が11月中旬に公開されることが決まった。

 メガホンをとったのは、映画『アイコ十六歳』などで知られる今関あきよし監督。今関監督は2004年に児童買春禁止法違反などの罪に問われて懲役2年4月(求刑懲役3年6月)の実刑判決を受けており、自作の公開は『十七歳』(2002年)以来、9年ぶりとなる。インタビューに応じた今関監督は「本来この映画は福島第一原発事故前に、警告の意味を込めて上映すべきだったが、自分が犯した罪で公開が遅れ、スタッフを含めて多くの方にご迷惑をおかけしてしまった。このまま作品を眠らせておくことの方が自分の罪を広げるような意識もあり、また今の自分が出来ることはコレしかないと公開に踏み切らせて頂きました」と苦悶した胸の内を語った。

 同作品は、放射能汚染の危険がある村からベラルーシに越してきた少女カリーナの目線で、チェルノブイリ事故その後を描いたファンタジーだ。カリーナは、入院中の母に次のように聞かされる。「チェルノブイリには悪魔の城があり、悪魔が毒をまき散らしているのだ」と。やがて自分も病に倒れたカリーナは、悪魔の悪事を止めるべく、一人、チェルノブイリの森へと向かう。ベラルーシの美しい景色がより一層、運命の残酷さを際立たせる切ない物語だ。

 製作は、2003年春にさかのぼる。車を運転中、たまたまラジオから流れてきたチェルノブイリ原発事故の話題を耳にした今関監督は、現地の「今」に興味を抱く。早速、事故現場へ飛ぶと、持参した米国製ガイガーカウンターはバリバリと不快な音を立て、6年経っても事故が全く収束していない事実を知る。続いてベラルーシ国立小児血液学センターを訪れると、甲状腺がんや白血病で苦しむ子どもたちが多数いた。

 「印象に残っているのは、病名も分からぬ奇病で顔が変形し、隔離病棟にいた8歳ぐらいの少女。豚のぬいぐるみを抱きながら明るく言うんです。『わたしの顔もブタさんみたい』って。その子は二度目に取材へ行った時には亡くなってました。ほか、何人か取材しましたが皆、抗癌剤の影響で髪の毛が抜け始めていた。するとお母さんたちは決まって『髪があった時はこんなに可愛かったのよ』と子どもの昔の写真を見せてくれるんです。最初に医師から『患者たちの前では絶対に泣かないでくれ』と注意を受けていたけど……、正直、取材はキツかったです」。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 26日
  5. 『アイコ十六歳』の今関あきよし監督、罪を償い9年ぶりの渾身作 チェルノブイリ原発事故のその後を描いた恐ろし過ぎるファンタジー