シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

愛妻家・市村正親が妻への愛に感動!『この愛のために撃て』テレビスポットで妻のため決死の覚悟で奔走する男に共感

愛妻家・市村正親が妻への愛に感動!『この愛のために撃て』テレビスポットで妻のため決死の覚悟で奔走する男に共感
テレビスポットのナレーションを務めた市村正親 - (C) 2010 LGM FILMS - GAUMONT - TF1 FILMS PRODUCTION - K.R. PRODUCTIONS

 俳優・市村正親がナレーションを担当した8月6日公開の映画『この愛のために撃て』のテレビスポット映像が公開された。本作は、体を張って妻への愛を貫こうとする男の活躍を描いたもので、その姿には愛妻家を自認する市村も感動。そのためナレーションも実感のこもった、熱烈な仕上がりとなっている。

 そのものズバリ「妻への愛」がテーマになっている本作のテレビスポットナレーションを務めるのは、愛妻家として知られる市村。妻を救うために決死の覚悟で奔走する男には共感せずにはいられなかったようで、本作については「いかに困難であろうとも、それを乗り越える妻への愛に私は感動した」と絶賛。今回解禁されたテレビスポットのナレーションも、その感動をそのまま伝えるかのような力強いものとなっている。

 本作の主人公は妊娠中の妻を誘拐されるという、つらい状況に追い込まれる。2008年に妻・篠原涼子との間に第1子をもうけた市村にとっては、そんな映画の中で描かれるシチュエーションも人ごとと思えなかったのか、迫真のナレーションには、俳優としての市村だけでなく、夫としての顔も垣間見えるかのようだ。このテレビスポットは8月1日よりオンエア予定となっている。

 本作は、長編デビュー映画『すべて彼女のために』で高い評価を得たフレッド・カヴァイエ監督が、同じく「妻への愛」をテーマに撮り上げたノンストップ・サスペンス。誘拐犯の要求に従ううちに警察からも追われることになる男を、映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』のジル・ルルーシュが好演。その姿は、世の男性はもちろん、女性の胸を打つことも必至。恋人同士で、夫婦で、ぜひ観てもらいたい作品に仕上がっている。(編集部・福田麗)

映画『この愛のために撃て』は8月6日より全国公開


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 7月
  4. 29日
  5. 愛妻家・市村正親が妻への愛に感動!『この愛のために撃て』テレビスポットで妻のため決死の覚悟で奔走する男に共感