シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

映画『カウボーイ&エイリアン』が僅差で『スマーフ』に勝利!『キャプテン・アメリカ』は3位に! -8月1日版【全米ボックスオフィス考】(1/2)

映画『カウボーイ&エイリアン』が僅差で『スマーフ』に勝利!『キャプテン・アメリカ』は3位に! -8月1日版
「あの青い妖精に勝てたか!」「ただ目の前のエイリアンとの戦いが待っています……」-映画『カウボーイ&エイリアン』より - (C) 2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

 今週の全米ボックスオフィスは、新作ファミリー映画『スマーフ』、そしてSFアクション映画『カウボーイ&エイリアン』が白熱の首位争いを繰り広げ、最終的には3,643万ドル(約29億1,440万円)をたたき出した『カウボーイ&エイリアン』が僅差(きんさ)で首位に輝いた。(1ドル80円計算)

 金曜日はスマーフ、土曜日は『カウボーイ&エイリアン』、そして日曜日は僅差で『カウボーイ&エイリアン』というデッドヒートが繰り広げられた今週のボックスオフィスは、一部オンライン映画サイトが日曜日夜の時点で上位2作品が引き分けであると報じたほどの大接戦で、一夜明けて8月1日の昼に最終集計が発表されるまでは『スマーフ』がトップか、はたまた『カウボーイ&エイリアン』がトップか最後までわからない状態だった。

 ただ、カウボーイたちの勝利に水を差すわけではないが、この作品は製作費用に1億6,300万ドル(約130億4,000万円)もかかっており、公開映画館数においても3,750館と、かなりの規模で公開されている。だが、1館あたりの平均興収は9,715ドル(約77万7,200円)となっており、上映館数3,395館である第2位の『スマーフ』が1館あたり1万489ドル(約83万9,120円)を稼ぎ出しているという部分に着目すると、合計収益では『カウボーイ&エイリアン』に軍配が上がるものの、1館あたりからの稼ぎが多かった『スマーフ』のほうが、『カウボーイ&エイリアン』たちよりも賢い稼ぎ方をしているともいえる。それぞれの作品にかかっている細かい出費が不明なため確実なことはいえないものの、現時点ではスタジオの手元に残る最終利益のレベルにおいては『スマーフ』がリードをしている可能性がある。

 王座のタイトルを惜しくも逸してしまった第2位の『スマーフ』の収益は、最終的に3,561万ドル(約28億4,880万円)と発表され、トップとは競馬でいうところの鼻差という結果となった。ソニー・ピクチャーズの観客調査によると、この映画を観に来ていたのは40パーセントが12歳以下の子ども(全体の25パーセント)を連れた親子連れ、そして女性客が64パーセント、25歳以上の観客が55パーセントという結果が出ている。

 第3位は、映画『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』で2,555万ドル(約20億4,400万円)の収益で先週から60.7パーセントの下降。先ごろ公開されたアメコミ映画『グリーン・ランタン』の同時期よりは上々な成績を上げており、公開10日時点においては映画『マイティ・ソー』 の1億1,946万ドル(約95億5,680万円)に近い1億1,742万ドル(約93億9,360万円)の総合興収となっている。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 2日
  5. 映画『カウボーイ&エイリアン』が僅差で『スマーフ』に勝利!『キャプテン・アメリカ』は3位に! -8月1日版