シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ピーター・パーカーの死亡後、新スパイダーマンはヒスパニック&アフリカ系のハーフ!

ピーター・パーカーの死亡後、新スパイダーマンはヒスパニック&アフリカ系のハーフ!
こちらは原作者のスタン・リー - John Shearer / Getty Images

 米マーベル・コミックは、6月に発売された「Ultimate Comics Spider-Man」での主人公ピーター・パーカーの死を受けて、新スパイダーマンとして新しいキャラクターを登場させることにしたが、新スパイダーマンを担うキャラクターは、ヒスパニック系とアフリカ系のハーフの青年、マイルス・モラリスとなることがわかった。

 デイリー・メール紙(電子版)によると、マイルスはニューヨークのブルックリンで両親と一緒に暮らす青年で、現在のアメリカが持つ社会や文化の多様性を反映させるために、スパイダーマンをエスニックな役にしたという。このアイデアは、アメリカ初の黒人大統領となったオバマ大統領が、大統領選に立候補した際に浮かんだそう。

 マーベル社のチーフ編集者、アレックス・アロンソ氏は「スーパーヒーローものでは、スーパーマンからバットマンまで、ヒーロー役はつねに白人でしたが、映画のなかの人種分布統計も今後は新たな段階に入っていくでしょう」とコメント。さらに、自身もイギリス人とメキシコ人のハーフだというアロンソ氏は「アメリカでは人種の混ざり合いが普通のことになってきています。マイルスはみんなに気に入られること間違いないでしょう。ピーターを死に追いやった敵のことを考えれば、新しいスパイダーマンがどんな人種でどんな階級であっても関係ありません」と語っている。また、新スパイダーマンのデザインを担当したアーティストのサラ・ピチェリ氏も、「おそらく、遅かれ早かれ、ヒーロー像が黒人であろうとゲイであろうと全く普通のこととしてとらえられるようになるのではないでしょうか」と語っている。

 映画版では、これまで3作品でピーター・パーカー役をトビー・マグワイアが演じ、日本でも来年6月に公開となる新シリーズ第1作『アメイジング・スパイダーマン』ではアンドリュー・ガーフィールドが演じているが、今後、マイルスを主人公とする映画版にも期待がかけられている。(竹内エミコ)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 4日
  5. ピーター・パーカーの死亡後、新スパイダーマンはヒスパニック&アフリカ系のハーフ!