シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ザック・スナイダーが仕掛ける新スーパーマンのビジュアル公開!アメフトのような立体的なコスチュームに!

ザック・スナイダーが仕掛ける新スーパーマンのビジュアル公開!アメフトのような立体的なコスチュームに!
ヘンリー・カヴィル演じる新スーパーマン! 特徴の一つだった前髪もなくなっている - (C) Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

 『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督と『300 <スリーハンドレッド>』のザック・スナイダー監督が伝説のヒーロー「スーパーマン」を復活させる映画『マン・オブ・スティール (原題) / Man of Steel』から、大抜てきとなったヘンリー・カヴィル演じる新スーパーマンのビジュアルが公開された。

 アメコミ界を代表するヒーロー、スーパーマンの物語を、ノーラン監督が製作を務め、スナイダー監督がメガホンを取り再び映画化する本作。タイトルからは、主人公スーパーマンの名がはずされ、鋼の男を意味する『マン・オブ・スティール (原題)』に。これまでのイメージを覆す、新たな時代にマッチしたスーパーマン映画を目指そうという、クリエーターたちの意気込みが伝わってくるようだ。

 ついに公開された新たなコスチュームも、過去にクリストファー・リーヴさんやブランドン・ラウスが着用していた、全身タイツから一変。生地は厚手のうろこ状のものに変更され、色は深みあるダークブルーに。まるでアメリカンフットボールのプロテクターのような、立体的なイメージとなっている。また、過去のシリーズではくるぶし位までの長さだった背中のマントも、地面に達するほどのサイズとなり、こちらも高級生地を思わせるものに。ヒーローの中でもひときわ強力なパワーを持つスーパーマンの神々しさを、重厚に演出してくれそうだ。シンボルマークの胸の「S」の文字も、従来よりも大きいメリハリのあるデザインになっていて、存在感バツグン。

 大幅なリニューアルを経た、新スーパーマンことクラーク・ケントを演じるのは、イギリス出身の俳優ヘンリー・カヴィル。ヒロインのロイス・レインは、これまでに3度のアカデミー賞ノミネートを果たしたエイミー・アダムスが演じる。さらに本作では、彼らの上司役をローレンス・フィッシュバーン、ケントの養父母役をケヴィン・コスナーとダイアン・レイン、実父役をラッセル・クロウが務めるなど、伝説のヒーローの復活にふさわしい、豪華キャストが集結している。

 伝統的なイメージは残しながら、所々に斬新な変更が加え作られたコスチュームから、作品のクオリティーに期待が高まる本作。現在製作が進められており、全米公開は2013年6月14日の予定。全ぼうが確認できるまで、あと約2年も待たなくてはならないが、それだけの時間に応える作品となってくれそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『マン・オブ・スティール (原題) / Man of Steel』は2013年全国公開予定


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 8月
  4. 19日
  5. ザック・スナイダーが仕掛ける新スーパーマンのビジュアル公開!アメフトのような立体的なコスチュームに!