シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ロンドン映画祭、レイチェル・ワイズで始まり、レイチェル・ワイズで終わることに

ロンドン映画祭、レイチェル・ワイズで始まり、レイチェル・ワイズで終わることに
ダニエル・クレイグと結婚し私生活も順調なレイチェル・ワイズ

 第55回ロンドン映画祭のクロージングがテレンス・デイヴィス監督、レイチェル・ワイズ主演の映画『ザ・ディープ・ブルー・シー(原題)/ The Deep Blue Sea』に決定した。オープニング映画は、ワイズが主要キャラクターの1人を務めるフェルナンド・メイレレス監督『360(原題)』に決定しており、今回のロンドン映画祭はワイズで始まり、ワイズで終わることとなった。

 『ザ・ディープ・ブルー・シー(原題)/ The Deep Blue Sea』は1952年にロンドンで初上演されたテレンス・ラティガン作の舞台劇。今年は、最も人気の高い20世紀の劇作家の1人に数えられるラティガンの、生誕100周年でもある。ワイズが演じるのは、高等裁判所判事の夫との家庭を出て、若いパイロットのもとに走る妻という主人公だ。

 本作は1955年にも映画化されており、今回は半世紀以上を経ての再映画化となる。デイヴィス監督は、物語の舞台を50年代のロンドンに設定しており、原作当時のノスタルジックなロマンスが楽しめそうだ。フィクションとドキュメンタリーの両方で多数の映画賞を受賞してきたデイヴィス監督は、本映画祭主催の英国映画協会が支援してきたイギリス監督でもあり、映画祭側にも、監督にも喜ばしいクロージング作となったようだ。

 一方、オープニング映画『360(原題)』は多数の国、都市のキャラクターが交錯する現代の物語。そのキャラクターの1人を演じるのがワイズだ。また、トロント映画祭の方でも、主演ビル・ナイの相手役をワイズが務めるデヴィッド・ヘア監督映画『ページ・エイト(原題)/Page Eight』がクロージングを飾ることが発表されている。6月にダニエル・クレイグと結婚したばかりの新婚さんでもあるワイズ、注目作出演も相次ぎ、公私共に絶好調と言えそうだ。

 ロンドン映画祭は10月12日から27日まで開催。『ザ・ディープ・ブルー・シー(原題)/The Deep Blue Sea』はイギリスで11月25日公開予定。(取材・文:山口ゆかり / Yukari Yamaguchi)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 2日
  5. ロンドン映画祭、レイチェル・ワイズで始まり、レイチェル・ワイズで終わることに