シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ブラッド・ピット、リッチな外国人をターゲットにしている犯罪組織を懸念し、元英国陸軍特殊空挺部隊兵をボディガードとして雇用

ブラッド・ピット、リッチな外国人をターゲットにしている犯罪組織を懸念し、元英国陸軍特殊空挺部隊兵をボディガードとして雇用
自分たちの身を守るため! -ブラッド・ピット

 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、南フランスの家を守るため、英国軍特殊空挺部隊(SAS)の元兵士を雇ったという。

 ブラッドたちは、ロシアとイタリアの暴力団が金持ちの外国人をターゲットにしているの聞きつけ、用心のため元兵士たちを雇い、高額な最新鋭のセキュリティ・システムを設置したとのこと。「ブラッドは、自分たちと家を守るため、元SASの精鋭部隊を雇い24時間体制で監視させています。監視カメラは動作感知式で、何が起きているかを画面で見ることができ、wi-fi操作のため切断することはできません」と、ある関係者はザ・サン紙に語る。

 現在、南フランスのシャトーは、まるで映画にでてくるような状態とのこと。「家の中を移動するにも指紋認識が必要になっています。まるでジェームズ・ボンド映画のようです」と、関係者は付け加えている。(BANG Media International)


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 22日
  5. ブラッド・ピット、リッチな外国人をターゲットにしている犯罪組織を懸念し、元英国陸軍特殊空挺部隊兵をボディガードとして雇用