シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

長澤まさみは現在モテキ!なんと出演者全員が指摘!照れまくりながらモテ技披露し観客たちはメロメロ

長澤まさみは現在モテキ!なんと出演者全員が指摘!照れまくりながらモテ技披露し観客たちはメロメロ
誰がモテキか!なんと全員が長澤まさみを指差し!

 23日、映画『モテキ』の公開初日舞台あいさつがTOHOシネマズ六本木で行われ、出演者の長澤まさみが、作品の中で披露しているモテ技「わたしここでドロンします、シュシュシュ」を照れまくりながら披露し、会場の男子たちを“萌え”させた。またこの日は森山未來、麻生久美子、仲里依紗、真木よう子、大根仁監督も登壇し、爆笑トークで会場を盛り上げた。

 登壇者たちの中で、現在もっとも「モテキ」が来ていると全員から指摘された長澤は、「本当にモテキが来ているかはわからないですけど、うれしいです!」と恐縮しながらも満面の笑みを浮かべる。すると悪ノリした大根監督が「まさみちゃんのモテ技は『ドロン、シュシュシュ』だよね。やってみますか?」と、作品の中で長澤が披露している、「お先に失礼します」を忍者風に表現したモテ技を実演する羽目に。長澤は照れまくりながらも、「じゃあわたし、ここでドロンします!」のセリフの後に「シュシュシュ」と手裏剣を投げるポーズを披露すると、観客たちはいっせいに「うわ~」と萌え萌えのリアクション。すっかりハートを射抜かれていたようだった。

 そして、深夜ドラマから幸世役を演じ続けてきた森山は、「これで幸世とすっぱり手が切れればいい。僕の目の前にはもう現れないでいただきたいのが正直な感想です」と衝撃発言。司会者からの「モテ尽くしたからですか?」という発言に大きくうなずき、モテる男も意外に楽ではないらしいという事実を、哀愁たっぷりに表していた。そんな森山に同意したのか、監督も「僕も幸世が大嫌い。こんな感情移入されない主人公も珍しい」としつつ、「そこが『モテキ』の面白いところだと思います」と味わい深いコメント。そして撮影現場を振り返り「かわいい子(長澤ら女優陣)が、入れ替わり立ち代り僕の言うことを聞きに来るので楽しかったです」と鼻の下を伸ばしていた。

 『モテキ』は突然やってくるモテモテの時期“モテキ”が訪れたさえない男を森山未來が演じ、深夜の放送ながら話題を呼んだ異色の恋愛ドラマを映画化。怒とうのように恋のチャンスが訪れた“モテキ”から1年後、4人の女の子たちとの関係は終わってしまったが、再び新たな女の子たちが幸世に接近し始め、“セカンド・モテキ”がやって来るという物語。(肥沼和之)

映画『モテキ』は全国公開中


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 9月
  4. 23日
  5. 長澤まさみは現在モテキ!なんと出演者全員が指摘!照れまくりながらモテ技披露し観客たちはメロメロ