シネマトゥデイ

シネマトゥデイ

ヒトラー擁護コメントをしたラース・フォン・トリアー監督、今後一切公式の場で発言しないと発表

ヒトラー擁護コメントをしたラース・フォン・トリアー監督、今後一切公式の場で発言しないと発表
ラース・フォン・トリアー監督 - Vittorio Zunino Celotto / Getty Images

 5月に行われた第64回カンヌ国際映画祭で、会見の際「ヒトラーに共感している」と発言して事務局から追放処分を受けたデンマークのラース・フォン・トリアー監督が、このときの発言でデンマーク警察から事情聴取されていたことが明らかになった。

トリアー監督は自身の監督作『メランコリア(原題) / Melancholia』の公式記者会見に出席した際、ヒトラーについて「理解できる」とコメントしたが、映画祭事務局に要求され、謝罪。その後、強要されたものだったとして謝罪を撤回している。

事態は収まらず、「自分の言ったことは悪いとは思ってはいない」と主張した監督は、戦争犯罪の正当化を禁止するフランスの法律に違反した疑いでデンマーク警察の訪問を受けたとのこと。「今日、カンヌでの記者会見での発言に対してノースジーランド警察から事情聴取を受けた。今回の重大な告発で、わたしには明白に自分の意見を述べる能力がないとの認識に至った。今後は一切の公式声明およびインタビューは控えさせてもらう」と、公の場には出ないことを宣言。

トリアー監督は、「僕は自分の言ったことを悪いと思っていない。悪かったのは、もっとはっきりとさせなかったことだ。ジョークを言ったのも悪いと思っていないが、ジョークだとはっきりさせなかったことは悪かった」と謝罪撤回時にコメントしていた。(澤田理沙)


【関連情報】
関連作品

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 6日
  5. ヒトラー擁護コメントをしたラース・フォン・トリアー監督、今後一切公式の場で発言しないと発表