シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

ラース・フォン・トリアー監督の話題作『メランコリア』について、主演女優キルステン・ダンストを直撃!(1/2)

ラース・フォン・トリアー監督の話題作『メランコリア』について、主演女優キルステン・ダンストを直撃!
今年のカンヌ国際映画祭で女優賞を受賞したキルステン・ダンスト - Jean Baptiste Lacroix / FilmMagic / Getty Images

 現在開かれているニューヨーク映画祭(N.Y.F.F. 49th)に出展されているラース・フォン・トリアー監督の話題の新作『メランコリア / Melancholia』について、映画『スパイダーマン』シリーズのキルステン・ダンスト、テレビドラマ「トゥルーブラッド」のアレキサンダー・スカルスガルド、そして映画『アンチクライスト』のシャルロット・ゲンズブールがインタビューで語った。

 同作は、姉クレア(シャルロット・ゲンズブール)と彼女の夫ジョン(キーファー・サザーランド)が住む邸宅で結婚パーティーを行うことになったジャスティン(キルスティン・ダンスト)は、新郎となるマイケル(アレキサンダー・スカルスガルド)とともに家族や親戚たちに祝福されるが、突如地球に接近してきた巨大な惑星メランコリアがもたらす人類滅亡の危機の中で、ジャスティンは徐々に不思議な感覚に支配されていくというSFドラマ作品。監督は、今年のカンヌ国際映画祭でヒトラーを支持するコメントで物議を醸したラース・フォン・トリアー監督がメガホンを取っている。

 個性的なラース・フォン・トリアー監督から、どのような出演アプローチを受けたのかについて、キルステンは「(エージェントから)E-mailで、ラース・フォン・トリアー監督が明日あなたと話したがっていて、この映画の脚本に目を通すようにと伝えてくれたの。彼とはSkypeを通して話したわ。実は、この映画は最初にペネロペ・クルスが主演する予定だったけれど、彼女が降板したことで、彼の友人である二人の映画監督が、この映画の出演をわたしに勧めてくれていたの。だからある程度はこの映画の製作について聞いていたけれど、彼とのSkypeでの会話は、ほとんど脚本のことを話さずにシャーロット・ランプリングが主演した映画『愛の嵐』について話していたわね(笑)」と述べた後、さらに出演理由については「(この映画が)どのような方向性になろうとも面白いものになると思っていたの。それに、いつも挑戦することが好きだから」と答えた。(ちなみにシャーロット・ランプリングは、この映画ではキルステン演じるジャスティンの母親役を演じている)

 ラース・フォン・トリアー監督作品の常連である名優ステラン・スカルスガルドを父に持つアレキサンダーは、父親からアドバイスを受けたのだろうか。「以前に父から、もしラース監督と仕事をする機会があれば、ぜひやるように!と言われていたんだ。(父親との)共演はすべて良かったよ。父と仕事をしたり、共に時間を過ごすのは好きだね。実際に脚本を読まずに決めたは、この作品が初めてなんだ! それに、この映画はスウェーデンで撮影されたから、週末にはストックホルムに住む母親や親戚に会ったりもしていたんだ。今回は、素晴らしいキャスト陣や監督に恵まれたと思っているよ」と話したアレキサンダーは、父親に劣らぬ存在感をこの映画で示している。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 10日
  5. ラース・フォン・トリアー監督の話題作『メランコリア』について、主演女優キルステン・ダンストを直撃!