シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
.

海老蔵の「ふがいない父親ですまない」という手紙に「意味深ですね…」と満島ひかりのコメントに会場爆笑(1/2)

海老蔵の「ふがいない父親ですまない」という手紙に「意味深ですね…」と満島ひかりのコメントに会場爆笑
満島ひかり、あでやかな着物姿を披露!

 15日、有楽町の丸の内ピカデリーで映画『一命』初日舞台あいさつが行われ、本作に出演する瑛太、満島ひかり、三池崇史監督が登壇した。

 この日は、主演の市川海老蔵は、名古屋の御園座における歌舞伎公演のため、舞台あいさつは欠席。「名古屋で暴れてて来れないわけではないですよ」と冗談交じりに付け加える三池監督。司会者から「わたしにとって『一命』は、2本目の映画出演となります。振り返ると、撮影現場は刺激的で思い出深い日々となりました。現代社会にも『一命』で描かかれるような不条理なことがあるかもしれませんが、皆さまも大切なものを守るため、立ち向かう強さと勇気をもっていただけたらと思います」としたためられた手紙を読み上げると、会場からは拍手が起きた。

 さらに海老蔵の手紙は共演者にも寄せられた。この日は、黒の着物姿で凛とした登場した満島は「美穂(満島の役名)、本当にふがいない父親で申し訳ない。天性の才能をこれからも大事にしてくださいね」と手紙を読み上げるも、『この『ふがいない父親』という部分はどう解釈すればいいんでしょうね、いろんな意味に受け取れますけど」とつぶやいてみせて、会場は笑いに包まれた。「瑛太君の熱さにはやけどしそうでした、。次は敵役で共演したいですね」という手紙を読んだ瑛太は、「普通なら、はじめまして、と言ってから距離感を埋めていくと思うんですが、海老蔵さんの距離感は1センチでも前に来るような感じ。逆に、この人には何を話してもいいんだなと父性のようなものを感じました。海老蔵さんとの出会いは人生でも大きな意味を持ちました」とコメント。

 満島にとっては、本作が時代劇初挑戦。本作と同じ滝口康彦の「異聞浪人記」を原作とする映画『切腹』(1962年)で、半四郎の娘を演じた岩下志麻を以前から尊敬していたという満島は、『切腹』を何度も観て研究を重ねたという。「女の人が一人で、わたしは華があるタイプでもないし、いいのかしらと思いましたが、ぜひやらせてもらいたいと思いました。三池組はみんな少年少女のような人たちの集まりで、こんなにぜいたくな現場に参加しているんだなと日々感じていましたね」と思い入れの強さはひときわだった様子。そんな彼女に司会者が「またやりたいですか、三池監督とは?」と問いかけると、「はい、ぜひ」と言いつつも、「何かやりたいですかっていうと、ちょっとね……」という満島のコメントに「何だよ~! そんな意味じゃ……」と腰砕けになってしまう三池監督の姿に会場は笑いに包まれた。


【関連情報】

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 記事
  2. 2011年
  3. 10月
  4. 15日
  5. 海老蔵の「ふがいない父親ですまない」という手紙に「意味深ですね…」と満島ひかりのコメントに会場爆笑